グラフが地域活性化事業の支援にデータベースマネジメントと人工知能を活用

株式会社グラフ 2016年11月30日

From PR TIMES

地方の観光客取り込みや地域産業のネットワーク拡大など、地方創生を推進する県内企業と自治体のニーズに対し、株式会社グラフ(東京都港区)がアナリティクスサービスによる支援を開始



[画像: (リンク ») ]

 ビッグデータ分析や独自のAI開発により事業収益化支援を行う株式会社グラフ(東京都港区)は、地域活性化を目指す企業と連携し、RESAS(地域経済分析システム)活用や位置情報連動データに基づく戦略設計を実施します。

具体的には、各社のデータベース活用を最大化する施策立案と開発実装を提供し、地方創生につながる各案件の成功を支援します。
現在は東北、新潟エリアの観光事業、通販事業、百貨店などの需要取り込みに向けた、地方自治体や地元企業との連携を始めています。
今後は各地方地域の商品・サービスへの、国内外の顧客創出、ブランドロイヤリティ向上に寄与する取り組みを進める予定です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]