天才画家の「アートを持ち歩く」方法

株式会社バルーン 2017年01月31日

From PR TIMES

スマホのメディア総合サイト「BALLOON STYLE」と天才画家との出会い

「人が肌身離さず持ち歩くものに、アートがあるのは素晴らしい」そんな画家さんの声を形にすることが出来ました



アパレル事業者向けコンサルティング会社の株式会社バルーンとメディアECクラウドサービスを提供するザンシン株式会社が共同運営をしているスマホアクセサリーに特化したメディアサイト『BALLOON STYLE』よりサイト内企画から生まれた「アートを持ち歩く」スマホケースが遂に商品化しました。

[画像1: (リンク ») ]

(リンク »)

高橋慎太郎さんとの出会いをキッカケにメディアサイト『BALLOON STYLE』から始まったこの企画。
今後も手帳型ケースや様々な商品製作を進める予定です。

[画像2: (リンク ») ]

高橋慎太郎


1994年 愛媛県宇和島市生まれ。
東京都在住。
上京してから巨匠達の作品に触れ、絵画の歴史を更新させる宿命を感じる。日本大学文理学部に進学するも、間もなく中退。
在学中から、美術館に何度も足を運ぶ。
渡欧し、ピカソ美術館、ミロ美術館、ガウディ建築等を訪問する。また、デカルト、ニーチェ、ハイデッガー、サルトル、キルケゴールらの哲学書に親しむ。特に、ハイデッガーの「存在と時間」に感銘。
2014年より千歳烏山にあるアートスクール セント・ギャラリーに入会。
本格的に創作活動に入る。

(リンク »)


[画像3: (リンク ») ]

2015年2月、初の個展を高円寺『デアデビ』にて開催。
同時期にセント・ギャラリーを退会する。
2016年2月、銀座『Art Gallery M84』にて個展『21才、生きていけ』を開催。
地元の新聞や美術雑誌にて紹介される。
同月、高円寺『デアデビ』にて森本悠生と二人展を開催。


出会いから製作秘話まで『BALLOON STYLE』で随時情報を発信しております。
商品化第1弾はハードケースです。


[画像4: (リンク ») ]

(リンク »)

作品からケースになったアイテムの一部をご紹介致します!
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

(リンク »)


[表: (リンク ») ]




~スマートフォンアクセサリーに関連したあらゆる情報を発信していきます~
[画像7: (リンク ») ]

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。