編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

In-App Marketing機能拡充

Tune, Inc.

From: PR TIMES

2017-02-07 11:00

名前や年齢などのユーザー情報に基づきカスタマイズしたプッシュ通知の作成と配信が可能に

北米最大手のモバイル効果の測定・分析ソリューションを提供するTUNEはこのたび、スマートフォン向けアプリの既存ユーザーを対象にした行動分析からリエンゲージメントマーケティング施策までを一貫して実施できるアプリマーケティング施策ツール「In-App Marketing」を機能拡充しました。今回の機能拡充によりマーケターは、名前や年齢などのユーザー情報を反映し、カスタマイズしたプッシュ通知の作成と配信が可能になります。

「In-App Marketing」はスマホアプリの利用率や維持率を向上するためのツールです。マーケターは「In-App Marketing」を使い、スマホアプリのユーザーをセグメント化し、スマホアプリ内で実施する複数のマーケティング手法におけるA/Bテストや、ユーザーセグメントごとにプッシュ通知、アプリ内メッセージの送信が可能となります。今回の機能拡充では、「名前」、「年齢」、「性別」、「『最後に閲覧した商品』や『最後にクリアしたゲームのレベル』などユーザーがチェックしたページのリンク」など、ユーザー属性や行動に基づいた情報をプッシュ通知に反映できます。これによりプッシュ通知の開封率向上が見込まれるため、マーケターはアプリの利用率やユーザーエンゲージメントを高める効果を期待できます。拡充した機能の詳細は以下の通りです。

●ユーザーが利用する言語で通知できる
●名前、年齢、性別をプッシュ通知の本文に動的に組み込むことができる
●ECアプリでは「最後に閲覧した商品」やゲームアプリでは「最後にクリアしたゲームのレベル」などのURLをプッシュ通知に挿入できる
●プッシュ通知だけでなく、プッシュペイロード(タイトルやボディメッセージなど)やプッシュアクション(プッシュ通知上でユーザーに選択肢を与える機能)もカスタマイズできる
●ディープリンクを設定し、アプリ内の特定のページへ直接ユーザーを誘導できる
●送りたいメッセージの体裁を選択できる
●iOSがリッチ通知機能を搭載したため、絵文字、画像、GIFアニメーション、音声ファイル、動画ファイルなどを組み合わせた通知を作成できる    など

TUNEは今後も、アプリ内マーケティング施策に携わるマーケターの活動を支援していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]