編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「阪神・神戸市交通局(地下鉄)IC連絡定期券〈PiTaPa定期券〉購入キャンペーン」を実施します! ~対象者には1,000円相当のSポイントをプレゼント~

阪神電気鉄道株式会社

From: PR TIMES

2017-02-07 16:10

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、阪神・神戸市交通局(地下鉄)IC連絡定期券〈PiTaPa定期券〉の発売開始を記念して、3月15日(水)から4月30日(日)までの間、「阪神・神戸市交通局(地下鉄)IC連絡定期券〈PiTaPa定期券〉購入キャンペーン」を実施します。



本キャンペーンは、阪神電車の定期券発売所又は自動定期券発売機(新開地駅を除く。)で、神戸市交通局(地下鉄)とのIC 連絡定期券を、STACIA PiTaPaカードを使って、クレジット決済又はPiTaPa決済で購入いただいた方に対して、1,000円相当(ただし、小児の場合は500円相当)の「Sポイント」を進呈するというものです。

「阪神・神戸市交通局(地下鉄)IC連絡定期券〈PiTaPa定期券〉購入キャンペーンの概要

[画像1: (リンク ») ]

1 実施期間
3月15日(水)~4月30日(日)

2 対象者
対象の定期券(「3」参照)を、定期券発売場所(「4」参照)で、STACIA PiTaPaカードのクレジット決済又はPiTaPa決済でご購入いただいた方(現金決済は対象外)
※STACIA PiTaPa NCカードも対象です(PiTaPa決済のみ)。
※KOBE PiTaPa STACIA NCカードについては、事前に「Sポイントメンバーサイト」への会員登録が必要となります。

3 対象の定期券
阪神電車神戸三宮駅と神戸市交通局(地下鉄)三宮駅又は三宮・花時計前駅接続のIC連絡定期券(通勤、通学のいずれも対象)
※定期券の区間・経路・種類によっては発売できない場合があります。

4 発売場所
阪神電車の定期券発売所及び自動定期券発売機(新開地駅を除く。)

5 特典
期間中1回に限り、「Sポイント」1,000ポイントを進呈します。
※小児の場合は、500ポイントを進呈
※ポイント進呈時期は、5月末を予定

6 キャンペーンについてのお客さまからのお問合せ先
阪神電気鉄道株式会社
運輸部 営業課 電話06-6457-2222(平日9:00~17:00)

7 その他
(1)STACIA PiTaPaカードの概要
STACIA PiTaPaカードは関西エリアで様々な業種の事業を展開する阪急阪神グループが発行するPiTaPaカードで、阪急阪神グループでの交通機関利用・定期券購入・ショッピング・レジャー施設等でのクレジットやPiTaPa利用で最大3.5%相当のSポイントが進呈されます。

(2)Sポイントの概要

[画像2: (リンク ») ]

Sポイントは、阪急阪神グループの施設を初め、様々なScene(場面)で「たまる」・「つかえる」Special(特別)なポイントです。1ポイント1円としてご利用いただけるほか、1,000ポイント単位で1,000円相当の「阪急阪神クーポン」に交換できます。「阪急阪神クーポン」は、阪急阪神グループのショッピング・ホテル・レジャー施設や旅行社等、約1,600か所の施設、店舗でご利用いただけます。Sポイントのサービスの詳細は「Sポイントサイト( (リンク ») )」でご案内しています。


阪神電気鉄道  (リンク »)
リリース  (リンク »)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]