京都発 テキスタイルデザイン“SOU・SOU”×老舗菓子司 亀屋良長 コラボレーション 6年の記録

株式会社 世界文化社 2017年02月13日

From PR TIMES

『SOU・SOU京菓子あそび』世界文化社刊行

「新しい日本の文化を創造する」人気のテキスタイルブランドSOU・SOU(そうそう)。そのクリエイション活動のひとつ「和菓子になったテキスタイルデザイン」を愛蔵版として1冊にまとめた書籍、『SOU・SOU 京菓子あそび』が2月3日(金)世界文化社より刊行されました。



[動画: (リンク ») ]



■新しい日本文化は、古都・京都から生まれます。
テキスタイルブランドSOU・SOUと1803年創業の老舗菓子司・亀屋良長による京菓子クリエイション「和菓子になったテキスタイルデザイン」。年間のテーマに沿って、SOU・SOUテキスタイルデザイナーの脇阪克二さんの原画が描かれ手ぬぐいのテキスタイルとそれに想を得た京菓子が毎月、ひとつずつ創作されていきました。
[画像1: (リンク ») ]



この手間と時間とをかけたお誂え菓子は京都SOU・SOU茶席「しつらい」「在釜」で供され、そこに掛け軸見立てで掲げられた月替わりの手ぬぐいとともに多くの人に愛でられました。本書は、その6年間の作品を収めた1冊です。テキスタイルと京菓子のコラボレーションをお楽しみください。

■SOU・SOUとは
「新しい日本文化の創造」をコンセプトに、四季折々のデザインを創る京都のテキスタイルブランド。JAPAN DESIGN JAPAN MADEを掲げ、ポップな地下足袋や進化した和装、手ぬぐい、袋ものなどを製作・販売する。さまざまな企業とのコラボレーションも手がけ、京菓子司・亀屋良長のパッケージデザインや商品開発のディレクションも担う。


■テキスタイルデザインと文言/ 脇坂克二(Katsuji Wakisaka)
1944年京都生まれ。1968年にフィンランドに渡り「MARIMEKKO(マリメッコ)」社で日本人初のテキスタイルデザイナーとして活躍する。その後、ニューヨークの「JACK LENOR LARSEN」社、「ワコール インテリア ファブリック」を経て、2002年より「SOU・SOU」のテキスタイルデザイナーとして創作を香椎。現在に至るまで毎月新柄を発表し、精力的に続けている。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


『SOU・SOU 京菓子あそび』
意匠・監修=SOU・SOU  和菓子製作=亀屋良長 文=関谷江里
定価/2,000円+税
発行/世界文化社

■SOU・SOU「和菓子になったテキスタイルデザイン」
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]