資金調達実施のお知らせ

株式会社Nextremer 2017年03月27日

From PR TIMES

人工知能(以下、「AI」)テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛ける株式会社Nextremerの子会社、株式会社dataremerは、2017年3月27日(月)株式会社高知銀行とオーシャンリース株式会社、REVICキャピタル株式会社の3社が共同で設立した「こうぎん地域協働ファンド」より、資金調達を実施したことをお知らせします。

【資金調達の目的】

dataremerは、2016年8月に高知県コンテンツ企業誘致制度の第1号企業指定を受け、高知県南国市に設立しました。dataremerはAI対話システムにおける、対話シナリオ辞書の作成やデータ収集を専門的に行い、事業者に提供しています。AI市場の拡大が加熱している昨今、こういった学習データ提供事業も同様に成長が高い領域です。この度の資金調達により、システムや人材への投資を強化し、事業の更なる活性化を加速させ、より多くの事業者へのサービス提供を行っていきます。



【dataremerについて】

AI技術開発の為の学習データの提供や、新たに対話サービスの導入を検討されている事業者のニーズに応じて適切な学習データの提供を行います。シナリオデータ提供サービスでは、ボットにキャラクター性を与えたり、雑談を通してユーモアのある対話展開を行うなど独自性のあるユーザー体験を提供することで、従来のボットサービスとは一線を画した対話体験の提供を目指しています。

 提供するサービス例:


受付や案内業務等に活用するAI対話システムのシナリオデータ
画像認識を用いた学習画像のデータセット



◆こうぎん地域協働ファンドについて

[表: (リンク ») ]


- 株式会社高知銀行について: (リンク »)
- オーシャンリース株式会社について: (リンク »)
- REVICキャピタル株式会社について: (リンク »)


【会社概要】
■株式会社Nextremer
設 立: 2012年10月
本 社: 東京都板橋区成増1丁目30番地13号 トーセイ三井生命ビル10F(受付)、7F
事業内容:AIを活用した対話エンジン開発・サービスの提供並びにオープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)
詳 細: (リンク »)

■株式会社dataremer
設 立:2016年8月
本 社:高知県南国市蛍が丘1丁目1番地1号 南国オフィスパークセンター3F
事業内容:AI技術開発のためのデータ収集サービス/導入先に応じた対話シナリオのプランニングサービス提供
詳 細: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]