編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Tech in Asia Japanはアジアのスタートアップに関する情報提供の強化として、新しくホームページを開設しました。

Tech in Asia Japan

From: PR TIMES

2017-04-07 10:10



アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指すTech in Asia (本社:シンガポール 代表:Willis Wee)の日本法人であるTech in Asia Japanはアジアのスタートアップに関する情報提供の強化として、新しくホームページを開設しました。HPはこちら( (リンク ») )

新ホームページではアジアのスタートアップ業界の情報を発信し、日本とアジアの業界の架け橋になる事を目指します。またアジアのスタートアップ情報の発信のみならず、日本のベンチャーエコシステムの成長を目的に定期的なコミュニティーイベントの実施や、事業会社向けのアジア勉強会などを実施して行きます。
[画像: (リンク ») ]

(写真: 2017年4月6日に開催された新経済サミット2017より)

【活動内容】
●スタートアップ カンファレンスの開催:毎年開催されるスタートアップイベント、Tech in Asiaカンファレンスでのイベントマーケティングの実施等。
●イベント運営:企業が開催しているイベントのサポート、運営代行、マーケティングサポートや社内向けピッチ大会、新規イベントの企画等。
●ブランド・コンテンツ:ネイティブ広告記事の販売。海外やアジアに向けプロモーションを行われる企業様向けのサービス。
●オンライン・メディア:アジアのスタートアップの情報を発信し世界中の投資家、起業家、事業会社に情報を発信。英語記事を一部日本語に翻訳し、日本のコミュニティーに対しても配信。
●データベース:アジアのスタートアップ企業約3万社のデータベースを有しており、調査や投資状況調査などお考えの企業にレポートやデータベースご提供。

【Tech in Asiaについて】
Tech in Asiaは、アジアに焦点を当てたテック情報やスタートアップのニュースを提供し月間1000万PVを誇るメディアを運営。毎年アジア最大級とされるカンファレンスをシンガポール・東京・ジャカルタの3都市にて開催、累計参加者は1万5000人以上。シンガポール本社を2011年に設立(日本支社は2014年)。 当社投資家にはシリコンバレーのアクセラレータであるYコンビネーターやSoftBank Indosat 、Facebook共同創業者のエドゥアルド・サベリン氏、イーストベンチャーズなど。インターネット・コミュニティのみならず、アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指している。

【Tech in Asia Japan】
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木四丁目2番45号高會堂ビル2階
設立:2014年6月
Tech in Asia Japan CEO: David Corbin
事業内容:アジアのスタートアップやテックに関する情報を提供。Tech in Asia Tokyo の大型イベントを毎年9月に開催。スタートアップのコミュニティイベント「Tech in Asia Meetup」も定期的に開催中。
ウェブサイトURL: (リンク »)
フェイスブック ページ: (リンク »)

【問い合わせ】
ご不明な点や質問がある方はお気軽に下記のアドレスまで御連絡ください。
メディア及び報道機関の方向けの参加枠も御座いますので、お問い合わせ下さいませ。
Email : japan@techinasia.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]