編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パナソニックが東京・天王洲運河でプロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験を実施

パナソニック

From: PR TIMES

2017-04-18 17:10



[画像: (リンク ») ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)とパナソニック映像株式会社は、2017年4月7日(金)~8日(土)、東京都品川区の天王洲運河で、プロジェクションマッピングによる映像と照明とを連動した水辺空間の演出を行う実証実験を実施しました。

今回の実証実験は、一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会が2017年4月7日(金)~9日(日)に開催した「天王洲キャナルフェス春 2017『ハッピー水辺フェスタ』」のイベントのひとつとして実施。使用機材は、30,000ルーメン超高輝度レーザープロジェクター(PT-RZ31KJ)を3台、ハイパワーのLEDカラー投光器(ダイナペインター2、ダイナペインター6)計12台などで、運河沿いの建物や架かる橋に映像と照明を投影・投光し、運河全体の空間演出をすることでイベントを盛り上げました。

プロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験は、水辺空間の価値向上を目的に、同地区に本社のある寺田倉庫や、テレビ東京、アートコーポレーションをはじめとするパートナー会社の協力のもと実現しました。パナソニックはB2B事業の拡大を目指し、さまざまなパートナーと協業しながらまちづくり提案を積極的に進めており、企業不動産の戦略的活用に取り組んでいます。当社は今後も、景観照明、サイネージなどの『東京都の舟運(しゅううん)プロジェクト(※)』への提案活動とも連携しながら、新たなビジネスモデル創出を推進していきます。

※『舟運プロジェクト』:東京湾沿岸、および隅田川における水辺空間の魅力向上や観光振興の促進を目的とした、東京都が推進する舟運活性化への取り組み。

<関連情報>
・【動画】パナソニックがプロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験を実施
(リンク »)
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]



・パナソニック映像株式会社 公式サイト
(リンク »)

・Fujisawaサスティナブル・スマートタウン 公式サイト
(リンク »)
・Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン 公式サイト
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]