東急線アプリを、お客さま一人一人にとって便利なアプリへ ユーザーごとにカスタマイズできるアプリへとリニューアルします!

東急電鉄 2017年04月21日

From PR TIMES

~選択した駅ごとに、電車の到着時間、混雑度、天気予報などをすばやく表示~

 当社は、お客さまへのさらなる利便性の向上として、スマートフォン向け、「東急線アプリ」(以下、本アプリ)のリニューアルを4月24日(月)に行います。



 今回のリニューアルでは、頻繁に利用する駅を「マイ乗降駅」としてアプリのトップページに設定することができ、次の電車の到着時刻や混雑度(新機能)など、お客さまが必要とする情報を、ご自身が見やすいようにカスタマイズすることができます。また、駅ごとの天気予報(新機能)が閲覧できるようになり、大雨や暴風雨、大雪が予想された場合、直ちにプッシュ通知でお知らせをします。そのほか、これまで利用頻度が高かった「バスナビ」から、トップ画面に2つの停留所を事前に登録できる「マイバス」機能を追加し、バスが今どの位置を走っているのか、3つ前の停留所からすぐに確認できるようになります。

 さらに、直近の電車の所要時間の実績を検索できる、鉄道業界初の機能「駅間time」については、これまで単一路線でのみ対応していましたが、複数路線をまたぐ場合にも対応します。さらに今回、武蔵小杉駅で情報発信技術「LinkRay」※を活用し、駅構内に設置された案内サインを専用のアプリで読み取ると、駅周辺の目的地への地図などを本アプリ内で表示する「武蔵小杉駅LinkRay案内」を実施します。

 当社は今後も東急線をご利用されるお客さまに対し、一人一人のニーズに沿った情報を提供することで、安全、安心、快適な東急線をめざしていきます。

 新しくなった本アプリの詳細、および画面イメージについては別紙のとおりです。

 ※「LinkRay」とは、スマートフォンのカメラを LED 光源またはその光源に照らされた対象物へかざすだけで、情報をすばやく受信することができる技術です。
[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?