編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドアジアホールディングス、日本に現地法人を設立

AdAsia Holdings Pte. Ltd.

From: PR TIMES

2017-04-25 11:00

~AIマーケティングプラットフォームの拡販・広告主のクロスボーダーマーケティング支援を推進~

アジアでAI(人工知能)を活用したインターネット広告事業を展開するAdAsia Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:十河宏輔、以下:アドアジアホールディングス)は、 2017年4月25日より、日本の東京にオフィスを開設し、事業を開始したことをお知らせ致します。



[画像: (リンク ») ]


■日本法人設立の背景
昨今、日系企業のアジア圏への海外展開やインターネット広告の出稿が増加しています。その流れを受けアドアジアホールディングスは日本に現地法人を設立することにより、広告代理店や広告主に対して、アジア全域のユーザーにアプローチできるクロスボーダーマーケティング支援を提供致します。また、そのアプローチを容易に可能にする、AIを搭載したマーケティングプラットフォーム、AdAsia Digital Platform(※1)の提供を開始いたします。

一方、日本国内においては、モバイル広告市場の成長及びインフルエンサー・マーケティングのニーズが高まっていることを鑑みて、アドアジアホールディングスが提供している縦型モバイル動画広告である「Parallax広告」、モバイル向け「AdAsia Video Network」、インフルエンサー・マーケティングプラットフォームの「CastingAsia」の需要が高くなると見込み、日本に現地法人を設立するに至りました。法人の概要は以下の通りです。

【日本法人概要】
会社名:アドアジアジャパン株式会社( AdAsia Japan Inc. )
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー17階
事業内容: AI(人工知能)を活用した、インターネット広告事業・インフルエンサーマーケティング事業・クロスボーダーマーケティング支援事業
電話番号: 03-5786-3521

■今後の展望について
2017年中に、クロスボーダーマーケティング支援社数及び、AdAsia Digital Platform・AdAsia Video Network・CastingAsiaの導入企業社数100社を目指します。

※1 ■AdAsia Digital Platformについて
AdAsia Digital Platformは、AIと統合された広告プラットフォームであり、プログラマティックバイイング及びレポーティング機能を一つのダッシュボードで管理できる広告プラットフォームです。複数のDSPやアドネットワーク、 アジア各国のプレミアムメディアを束ねたAdAsia Ad Network、アウトストリーム動画広告を配信できるAdAsia Video Network、インフルエンサーマーケティングのプラットフォームであるCastingAsiaへのアクセスが可能です。

【会社概要】
会社名: AdAsia Holdings Pte. Ltd.
代表取締役社長: 十河 宏輔
所在地: 13F, SBF Center, 160 Robinson Road, Singapore 068914
事業内容: AI(人工知能)を活用した、インターネット広告事業・次世代広告プラットフォームの開発・インフルエンサーマーケティング事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]