編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

花や植物で心を癒すデジタルメディア「植物生活」を運営するkaika株式会社を設立

株式会社誠文堂新光社

From: PR TIMES

2017-04-27 09:52

株式会社誠文堂新光社(本社:東京都文京区、代表取締役:小川雄一、以下誠文堂新光社)と、リムレット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐坂吾郎、以下リムレット)は、2017年3月30日付で共同持株会社 kaika株式会社(以下kaika)を設立いたしました。



[画像: (リンク ») ]


花や植物で心を癒すデジタルメディア「植物生活」NOTHING BUT FLOWERS
(リンク »)

■設立の背景
誠文堂新光社より出版されている、現在花き業界唯一の月刊誌『フローリスト』は、1984年の創刊以来30年間、専門業界と寄り添いながら取材を続け、植物の生産から流通までの専門知識、全国の花店・フラワースクール、国内外のアーティストなどに関する信頼性のあるコンテンツを豊富に生み出してきました。月刊誌では掲載できる情報量や情報提供のスピードに限界がありますが、この信頼性のある幅広い情報をデジタル化し体系的に整理することで、植物に興味がある人が、欲しい情報にいつでも素早くアクセスすることができるようになります。
また、『フローリスト』が長年かけてネットワーキングしてきた選りすぐりの花店やフラワースクールなどをわかりやすく分類し紹介することで、顧客のニーズと信頼性の高いお店や学校を素早く的確にマッチングすることが可能となります。これらのことを実現し、市場の需要に応え社会に貢献するため、デジタルメディアの開発・運用に強い、グロースアクセラレーターのリムレットと組み、kaikaを設立いたしました。

日々に疲れ、心が荒みがちな現代社会においては、花や植物の持つ癒しの力がますます重要視されていきます。植物から癒しを得ることは手軽に始められることですが、あまりに多くの選択肢に迷うこともあるでしょう。kaikaでは、その手助けとなる「植物生活」というデジタルメディアを立ち上げました。「植物生活」では、ネット上で手軽に高い信頼性を持ったコンテンツにアクセスできる環境を整えていきます。

■社名の由来
kaika(開花)
開花には「花が開くこと」、「物事が盛んになる、成果が現れる」というふたつの意味があります。花が開くことを心待ちにしながら植物を愛で、癒されることが、もっと当たり前に普及していくことをのぞみ、また一人ひとりの夢や才能が開花していくようなサービスを提供していく企業として、企業価値の向上を図ってまいります。

■主な事業内容:
・デジタルメディア「植物生活」のサービス開始・運営等

■沿革
2017年3月30日 kaika株式会社設立
2017年4月1日 植物生活サービス開始

■会社概要
会社名 kaika株式会社
設立年月 2017年4月
本店所在地 113-0033 東京都文京区本郷3-4-5
資本金 1,000,000円
電話番号 03-5800-3616
代表取締役 大関真哉
事業内容 インターネット植物メディアの運営など

■関連WEBサイト
kaika公式サイト  (リンク »)
植物生活  (リンク »)

■本件に関するお問合わせ先
kaika株式会社 TEL:03-5800-3616
株式会社誠文堂新光社 TEL:03-5800-5775
(リンク »)

リムレット株式会社 TEL:03-6804-1473
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]