飛躍的に生産性を向上させるフォーム電子化ソリューションをリリース

合同会社AToI 2017年05月15日

From PR TIMES

合同会社AToIは日常的に使用する紙媒体のフォーム、帳票を電子化しスマートフォン及びタブレットで入力画面として使用できるソリューションConvenientReportをリリース致しました。

AToIは日常的に使用する紙媒体のフォーム、帳票を電子化しスマートフォン及びタブレットで入力画面として使用できるソリューションConvenientReportをリリース致しました。保守点検、設備点検、機器点検、店舗点検などの各種点検、GISや各種調査のデータ収集、日々の活動の報告、提案書や見積書作成などの分野で活用できます。



合同会社AToI(本社:埼玉県さいたま市浦和区、代表社員:井上真悟)が提供するConvenientReportは、紙媒体から作成したMicrosoft Excelファイルをデータベース及び入力インターフェースと接続することにより、入力画面として使用できる仕組みを提供します。ConvenientReportアプリはiPhone、iPad、Androidスマートフォン及びタブレットで使用できます。

[画像1: (リンク ») ]

従来、紙媒体のフォームは種類が多いため、それらを汎用的にスマートフォンやタブレットに乗せることは難しく、従って一つ一つプログラム的なカスタマイズが必要でした。ConvenientReportはインターフェース及びデータベースとフォームをグラフィカルに接続する機能を提供します。

[画像2: (リンク ») ]


ユーザーは使い慣れたフォームで入力でき、さらに入力したデータはデータベースに格納されるので再度PCに入力する必要はありません。この点だけでも生産性を飛躍的に向上させると言えるでしょう。

ConvenientReportは地図や写真を、その場でフォームの中に貼り込み、簡単な描画を施すことができます。この作業を紙媒体のフォームで行うことは非常に時間が掛かる面倒なことです。

[画像3: (リンク ») ]


エクセルに「式」があり、それらに関係するセルの値が変更されると、それらはリアルタイムで再計算されスマートデバイスに表示されます。これも大きな利点の一つです。

例えば点検結果、報告、提案書あるいは見積書などのレポートを簡単にクライアント、顧客あるいは上司と共有できます。レポートをメールで送ることも簡単です。

これらの特徴を活かして、ConvenientReportは保守点検、設備点検、機器点検、店舗点検などの各種点検、GISや各種調査のデータ収集、日々の活動の報告、提案書や見積書などの分野での活用が見込まれます。

スマートフォン及びタブレットとPCの間のデータのやり取りには無償のMicrosoft OneDriveを使用し、サーバーは必要ありません。従って、運用は非常に低コストで行えます。

価格(サブスクリプション):¥1,000/年 (iOS版、Android版とも)
1週間の無償使用期間があります。

詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]