公式アプリ開発サービス「ModuleApps」、プッシュ通知の絵文字入力機能を公開 ~プッシュ通知に絵文字を入力しただけで、開封率が85%増加した事例も~

株式会社ロケーションバリュー 2017年06月02日

From PR TIMES

株式会社ロケーションバリュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:河野 恭久)が提供する企業や自治体向け公式アプリ開発サービス「ModuleApps(モジュールアップス (リンク ») )」は、プッシュ通知に絵文字を入力・反映できる機能を公開いたしました。現在ModuleAppsを利用する企業や自治体は、追加費用をかけることなく利用できます。



[画像1: (リンク ») ]

この機能は、ModuleAppsが提供する公式アプリにプッシュ通知の絵文字を入力・表示できる機能です。管理画面のプッシュ通知設定画面から絵文字アイコンをクリックすると「絵文字一覧」が表示され、お好みの絵文字アイコンを選択すると、プッシュ通知の設定文言の中に絵文字が追加できます。

App AnnieとLeanplumが実施したレポート(※1)によると、絵文字のないプッシュ通知の開封率は2.44%だったのに対し、絵文字を入れたプッシュ通知の開封率は4.51%と、開封率が 85%増加したと発表しています。それゆえ、絵文字はアプリのエンゲージメントにとって、強力なツールであることを示しています。
[画像2: (リンク ») ]

ModuleAppsは今後も新機能をアップデートしていく予定です。また、アプリビジネスはアプリを公開したら終了するわけではありません。ModuleAppsはアプリ施策が継続的に成功するよう、アプリ機能の新規開発、アプリコンサルティング、アプリ運用をトータルで支援いたします。

■ModuleAppsについて
実店舗を運営している企業や官公庁・自治体を対象にしたO2Oアプリ開発ASPサービスです。「モジュール」と呼ばれるあらかじめ開発した豊富なアプリ機能のモジュール(サンプル・雛形)から、必要な機能だけを組み込むことで自社独自の公式アプリを短期間・低価格で実現できます。

時間限定・枚数限定のクーポンを掲載する「時限クーポン」機能やアプリにチラシを表示し、管理画面上から差し替えできる「チラシ機能」、アプリを会員証やポイントカードとして利用できる「アプリ会員証」機能、最近では、銀色で隠れた箇所を指で左右にこすると特典が表示される「スクラッチクーポン」機能など、お客様にも人気が高いさまざまな機能を取り揃えています。
・ModuleApps公式サイト:  (リンク »)
・モジュール(アプリ機能)一覧:  (リンク »)
・ModuleAppsで開発されたアプリ一覧:  (リンク »)

■株式会社ロケーションバリューについて
株式会社ロケーションバリューは、NTTドコモのO2O戦略の一翼を担う戦略子会社です。スマートフォン黎明期から積み重ねたアプリ開発ノウハウを元に、位置連動プッシュ配信機能やクーポン機能をはじめとした豊富なアプリ機能の中から、企業や官公庁・自治体が必要とする機能を組み込むだけでO2O販促アプリを実現できるASPサービス「ModuleApps」を提供しております。初めに開発した「イマナラ!」は、日経トレンディ主催「2011年ヒット予測ランキング」第1位「得するジオゲーム」の代表例として紹介され、さまざまなメディアに取り上げられるなど、社会的に多くの注目を浴びました。

ロケーションバリューではModuleAppsのほか、オーダーメイドで自社アプリ・Webを受託開発する業務も行っております。また、オムニチャネル戦略立案やO2O導入、ASOを含めた「アプリ改善コンサルティング」を行っております。
URL: (リンク »)


出典:(※1)2017/04/07「プッシュ通知は絵文字を入れると効果アップ?」 - App Annie
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロケーションバリューの関連情報

株式会社ロケーションバリュー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]