スマホで3Dモデルを作れる!ARアプリ 「Makebox AR」がリリース!

株式会社 ViRD 2017年06月26日

From PR TIMES

Google Tangoを利用したARアプリ

Google Tangoを使ってお手軽に3Dモデリング



株式会社 ViRDは、2017年6月23日、ARモデリングアプリ「Makebox AR」をGooglePlay(Android)でリリースしたことをお知らせいたします。

「Makebox AR」は誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングをすることができるARアプリケーションです。
AR技術「Tango」を利用できる端末に対応しており、現実空間で積み木感覚で直感的な3Dモデリングが可能です。
6月23日発売された「ZenFone AR」にも対応しております。

PV動画
[動画: (リンク ») ]



■ 3Dモデリングが簡単にできる
Tangoの技術を利用して、積み木感覚で直感的に3Dモデリングを楽しめます。
[画像: (リンク ») ]


■ 作ったモデルはWebに共有できる
Makebox ARで制作した3DモデルをアプリからWebにアップロードすることができます。
MakeboxのWebサイトはこちら-> (リンク »)

■ objファイルの書き出しができる
作ったモデルをWebに共有すればobjファイルとしてダウンロードすることができるので、他の3DモデリングツールやUnityやUE4等のゲームエンジンで利用することができます。

もちろん、書き出したモデルを3Dプリンタで印刷することも可能です。
簡単にモデリングができるので、プロトタイプの作成に向いています。

■ 毎日お題が更新される!
毎日変わるお題に挑戦することができます。
作りたいものがなくても、気軽にお題に沿った3Dモデルを作れます。
もちろん。自由に3Dモデリングを楽しむこともできます!

【アプリ概要】
アプリ名: Makebox AR
価格: 無料
対応機種: Tangoを利用できるAndroid端末
Google Play: (リンク »)
公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]