VRソフトウェア開発のディヴァース、凸版印刷株式会社と資本業務提携

ディヴァース 2017年07月10日

From PR TIMES

Convertible Equityによる100万USドルの資金調達及び次世代VRソリューションの開発で合意



[画像1: (リンク ») ]

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、 CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下「凸版印刷」)は、2017年5月31日に資本業務提携に関する契約を締結しました。この資本業務提携に基づき、凸版印刷を引受先としたConvertible Equity(CE型新株予約権)による100万USドル(約1億1,000万円)の資金調達の実施及びディヴァースの開発する、3DCADをVR内で実寸にて体感、コミュニケーションを可能にするPC向けソフトウェア『SYMMETRY alpha(シンメトリー アルファ)』と凸版印刷のノウハウを融合し、VR分野におけるソリューションサービスの共同開発を進めていきます。

【SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)について】

[画像2: (リンク ») ]

SYMMETRY alphaは、HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)を使用するVRソフトウェアで、誰もが簡単に3DCADをVR化して、社内やクライアントとのイメージの共有、コミュニケーション、合意形成を円滑にします。フォーマットは米国Trimble社「SketchUp(スケッチアップ)」に対応しています。


SYMMETRYオフィシャルサイト: (リンク »)

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。


【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。
HMD/VRによる新たなクリエイティブ環境の開発で、世界に新しい価値を創出して行きます。


【会社概要】
会社名:凸版印刷株式会社
所在地:東京都千代田区神田和泉町1番地
設立:1900年
代表者:代表取締役社長 金子眞吾
URL: (リンク »)

会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)
設立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL: (リンク »)

※ 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
※ 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]