TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにConvertible Equityによる40万USドルを出資

株式会社ティー・ワイ・オー 2017年07月19日

From PR TIMES



株式会社ティー・ワイ・オー(本社:東京都品川区、代表取締役社長 早川 和良、以下「TYO」)は、VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.(米国デラウェア州、 CEO:沼倉 正吾、以下「ディヴァース」)との間で、Convertible Equity(CE型新株予約権)による40万USドル(約4,500万円)の出資契約を本日締結いたしました。

ディヴァースは、次世代端末として話題のヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を使用するバーチャルリアリティ(VR)制作ソフトウェア「SYMMETRY alpha」などを開発しており、誰もが簡単にVRコンテンツを制作して楽しむためのソフトウェア構築を早急に進めています。TYOでは、ディヴァースの開発体制が強化されることでVR分野におけるソリューションサービスの更なる発展が期待できると判断したため、今回の出資に至りました。また、TYOは広告映像を中心としたコンテンツ制作を得意としており、このVRソフトウエアを新しいコンテンツの開発、クライアントとの合意形成など、幅広い分野で活用することも検討しております。なお、これまでにもディヴァースに対しては、500 Starups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループ、スローガン、凸版印刷などが出資を実行しております。

【SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)について】
『SYMMETRY alpha(シンメトリー アルファ)』は、VR空間の中で「イメージ」「デザイン」の正確な確認を行い、円滑なコミュニケーションを可能にするソフトウェアです。3DCAD(SketchUp)・点群データに対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野です。
SYMMETRYオフィシャルサイト: (リンク »)
[画像: (リンク ») ]

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。
※点群データ:3Dスキャナーで物体や空間を計測し、多数の点の3次元座標を点群として記録するデータのこと。

【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。HMD/VR、による新たなクリエイティブ環境の開発で、世界に新しい価値を創出しています。

[表1: (リンク ») ]



【ティー・ワイ・オーについて】
TYOは広告会社機能と制作プロダクション機能を併せ持つ、クリエイティブエージェンシーです。TV-CM・WEBを中心としたコンテンツを制作しており、年間広告制作数は2,000以上を誇ります。1982年の創業以降、時代と共に広告手法やコミュニケーションの在り方が変革・進化していく中で、映像制作を中心とした多様な広告制作事業を展開しています。2017年に株式会社AOI Pro.との共同持株会社「AOI TYO Holdings株式会社」を設立し、同社の完全子会社となりました。
[表2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]