スクウェア・エニックスの総合エンターテインメント・プロジェクト『ディア ホライゾン』始動!

株式会社スクウェア・エニックス 2017年07月25日

From PR TIMES

TVアニメ化決定、公式ポータルサイトOPEN!

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、本日より、総合エンターテインメント・プロジェクト『ディア ホライゾン』をスタートすることをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

 『ディア ホライゾン』はスクウェア・エニックスがお贈りする、総合エンターテインメント・プロジェクト。さまざまなメディア、それぞれのセカイで物語が進行する新しいカタチのファンタジーです。2017年10月からは、TVアニメ『ディア ホライゾン』のO.A.が決定しております。また、本日、プロジェクト公式ポータルサイト( (リンク ») )を公開いたしました。
 現在、公式ポータルサイトでは『ディア ホライゾン』の世界観をお楽しみいただけるプロモーション映像を公開しております。その他にもさまざまな企画やコンテンツを近日公開予定です。『ディア ホライゾン』の今後の展開に、どうぞご期待ください。

■『ディア ホライゾン』公式ポータルサイト
(リンク »)
ただいま世界観PV公開中です!是非ご覧ください。
[動画: (リンク ») ]



※近日、ニコニコ生放送にて本プロジェクトの続報を発表します。生放送についての詳細は『ディア ホライゾン』公式Twitterにてお知らせいたします。是非フォローしてお待ちください。
■『ディア ホライゾン』公式Twitter: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

僕らは出会い、二つの命を一つの「死」で分け合った―
最果ての水平線の向こうには何があるの?
死…希望…自由…
最果ての秘密を生まれながらに抱えた少女。
彼女は…自由に生きることも許されなかった。
自由なんて言葉は憧れでしかなかった。
閉ざされた狭い世界で生かされてた。
死ぬことも生きることさえ誰かに選ばれていた。
だから思ったんだ。
神様から不自由なシナリオしか与えられなかったというなら
誰かではなくあなたと「死」を分かちたい。
僕は運命の半分を彼女にあげたい。
たとえ「死」を分かち合うことになったとしても。

―スクウェア・エニックスとしても、『ディア ホライゾン』は新たな試みとなるプロジェクトです。これから始まるさまざまな展開を、私もとても楽しみにしています。とても意欲的な作品なので、みなさまに楽しんでいただけるプロジェクトとなることを期待しています。(スクウェア・エニックス 代表取締役社長 松田洋祐)

―切なくて思春期の揺れる気持ちがとても表現されている作品です。そのような時代に、もう一度戻った気持ちで純粋に楽しんでいただけると思いますので、是非、『ディア ホライゾン』の世界をお楽しみください。(スクウェア・エニックス 取締役 本多圭司)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]