プロダクトの多言語化ツール「GitLocalize」が「GitHub Marketplace」にて初のローカライゼーションアプリとして提供開始

株式会社Locki 2017年08月04日

From PR TIMES

継続的ローカライズツール「GitLocalize」を提供するLocki, Inc.(CEO: 近澤良、本社:米デラウェア州、日本支社:東京都文京区)は、米GitHub社の提供する「GitHub Marketplace」に「GitLocalize」を初のローカライゼーションアプリとして公開、日本国内初のアプリパートナーとなりました。



米国時間2017年8月1日、米GitHub社が「GitHub Marketplace」に「GitLocalize」を含む7つのアプリと5つのカテゴリーを新たに追加したことを発表しました。発表内容についてはGitHubの公式ブログ(英語)をご覧ください。
(リンク »)

■ GitLocalizeについて

[画像1: (リンク ») ]


GitLocalize( (リンク ») )はGitHubのリポジトリと連携して、ファイルを継続的にローカライズしていくためのツールです。ドキュメンテーション、ウェブサイトやアプリは更新が頻繁に発生するため、翻訳箇所の特定、チーム内のコラボレーション、機械翻訳などの言語サービスとの組み合わせなど、マニュアルなプロセスが複雑化しやすく、多言語化に大きな工数がかかります。

GitLocalizeはリポジトリと連携することにより、ファイルの変更を監視し、自動的に差分を抽出、また機械翻訳などと組み合わせることにより、開発チームがローカライズにかける工数を圧倒的に縮小します。

リポジトリをGitLocalizeに統合すると、対象ファイルがインポートされ変更が監視され始めます。チーム内で共同編集を行ったり、機械翻訳などを用いてファイルの翻訳をGitLocalize上の編集画面で行います。
[画像2: (リンク ») ]


翻訳が終了したら、レビューリクエストを作り、変更を確認をチームに依頼します。変更が確認されたらプルリクエストをリポジトリに送ることができるため、GitHub上で行われている開発ワークフローを一切崩さずに多言語化対応を継続的に行うことができます。

■ GitHub Marketplaceについて
GitHub Marketplaceは、GitHub上での開発ワークフローを改善するツールを簡単に導入できるオンラインストアです。現在、7つのカテゴリの中に23のアプリが提供されています。
[画像3: (リンク ») ]

GitLocalizeの詳細ページからプランなどの内容をご確認ください。まずは無料で始めることができます。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。