日本初「ソーシャル・インパクト・ボンド」出資契約締結

ケイスリー株式会社 2017年08月14日

From PR TIMES

~成果連動型の新しい官民連携手法を八王子市にて導入~

株式会社キャンサースキャン(代表取締役:福吉潤)、ケイスリー株式会社(代表取締役:幸地
正樹)、一般財団法人社会的投資推進財団(代表理事:青柳光昌、以下、「SIIF」)、株式会社デジ
サーチアンドアドバタイジング(代表取締役:黒越誠治、以下、「デジサーチ」)および株式会社
みずほ銀行(頭取:藤原弘治)は、本日、八王子市で導入する成果連動型の大腸がん検診受診率
向上事業(以下、「本事業」)に関し、日本初(※1)となる複数年かつ成果連動型の本格的なソーシャ
ル・インパクト・ボンド(以下、「SIB」)を組成しました。



本事業は、八王子市民の健康寿命の延伸、生活の質の向上、さらに、がんの早期発見によるがん治療に要する医療費の適正化を目的として、大腸がん検診受診率が特に低い層を対象に、AI を活用したオーダーメイド受診勧奨を行う事業です。

また、本事業は、2016 年度経済産業省SIB 導入モデル事業を通して検討されてきましたが、2017 年3 月、八王子市にてSIB 導入を前提とした予算が成立しました。予算成立に基づき、同年5 月1 日、八王子市と株式会社キャンサースキャンが日本初の成果連動型支払契約を締結し、本日、SIIF(株式会社みずほ銀行のSIIF への資金拠出を含む)およびデジサーチ(代表取締役・黒越誠治個人の出資を含む)が日本初のSIB 導入のための出資を実施し、SIB を組成しました。ケイスリー株式会社は、全体設計およびコーディネーターの役割を担う中間支援組織としてSIB 導入を推進し、株式会社キャンサースキャンは、民間事業者として事業を実施します。

SIB は、行政が民間資金を活用して事業を行う成果連動型の仕組みです。民間の資金やノウハウを活用して革新的な社会課題解決型の事業を行い、行政はその事業成果に応じて成果報酬を支払います。医療分野以外にも介護や就労、教育分野など、さまざまな社会課題の解決に向けて活用していくことができます。SIB の革新的な点は、事業の結果ではなく成果が可視化されること、成果に応じて行政から支払いが行われること、成果が出るまでの事業資金について行政ではなく民間が資金負担すること等があげられます。

SIB の仕組みは、2010 年にイギリスで始まり、現在までに欧米を中心に60 案件以上の事例が出ています(※2)。日本では、2017 年度も経済産業省や厚生労働省によるモデル事業が検討されています。行政は財務的リスクを抑えながら民間の効果的な取り組みを活用でき、事業者は価格ではなく成果重視の柔軟なサービスの提供が可能となります。資金提供者にとっては、社会課題を解決する事業へ参画できると共に経済的なリターンも得られます。また、他の分野も含め全国にSIBの取り組みが広がることで、より高い成果を出す事業者に資金が投入され、さまざまな社会的課題解決の促進が可能にとなると期待されています。

※1 2017 年5 月1 日、八王子市と株式会社キャンサースキャンがSIB を前提とした複数年の成果連動型支払契約を日本で初めて契約。2017 年8 月14 日、株式会社キャンサースキャン、ケイスリー株式会社、一般財団法人社会的投資推進財団(株式会社みずほ銀行からの資金拠出を含む)、株式会社デジサーチアンドアドバタイジング、黒越誠治(適格機関投資家)が日本で初めて匿名組合出資方式のSIB を組成
※2 Social Finance UK(2016) (Social Impact Bonds - The Early Years"


●本事業の実施体制

[画像: (リンク ») ]



●SIB事業概要
[名 称] 八王子市SIB 導入モデル(大腸がん検診受診率向上)
[規 模] 8,874,000 円
[事業者] 株式会社キャンサースキャン
[出資者] 一般財団法人社会的投資推進財団(株式会社みずほ銀行からの資金拠出含む)、株式会社デジサーチアンドアドバタイジング、黒越誠治(適格機関投資家) 

●その他
八王子市で導入する成果連動型の大腸がん検診受診率向上事業の詳細は別紙の通りです。
(別紙)八王子市SIB 導入モデル(大腸がん検診受診率向上)
(リンク »)

以上


●本件に関するお問い合わせ先
株式会社キャンサースキャン 辻 03-6420-3390
ケイスリー株式会社 幸地 info@k-three.org
一般財団法人社会的投資推進財団 工藤 03-6229-2622
株式会社デジサーチアンドアドバタイジング 山本 03-5422-8432
株式会社みずほ銀行 法人営業部 新規事業推進室 ソーシャルビジネスデスク 末吉 03-6838-1841

PDF配付用「プレスリリース「日本初『ソーシャル・インパクト・ボンド』出資契約締結」
(リンク »)

●会社紹介
株式会社キャンサースキャン
[代表者] 代表取締役 福吉潤
[所在地] 東京都品川区西五反田2 丁目8-1 五反田ファーストビル5F
[設立日] 2008 年11 月19 日
[U R L] (リンク »)
[事業概要]
ソーシャルマーケティングとAI(人工知能)を活用し、人々の行動変容を促すヘルスケア事業
の企画・実施
(1) ソーシャルマーケティング
(2) 調査・研究
(3) データ解析

ケイスリー株式会社
[代表者] 代表取締役 幸地正樹
[所在地] 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル5F
[設立日] 2016 年3 月18 日
[U R L] (リンク »)
[事業概要]
SIB を含む社会的インパクト投資及び社会的インパクト評価に特化したコンサルティングサービ
スを提供する。社会の仕組みの変革を通して社会課題の解決を目指す。

一般財団法人社会的投資推進財団
[代表者] 代表理事 青柳光昌
[所在地] 東京都港区赤坂1 丁目2 番2 号 日本財団ビル5F
[設立日] 2017 年3 月17 日
[U R L] (リンク »)
[事業概要]
従来の私益、共益、公益の枠組みを超えた新たな資金循環のモデルを作ることを目的として設
立。世界に先駆けて成熟社会に突入する日本を起点として持続可能な社会を支える資金の流れを
多様なパートナーと共に作り出すことを目指す。
(1) SIB に代表される成果連動型の官民連携スキームの確立・普及させる
(2) 社会的インパクト投資の担い手の数、及び資金流通量を増加させる
(3) 社会的インパクト投資を促進する制度・政策を業界の仲間と連携して推進する

株式会社デジサーチアンドアドバタイジング
[代表者] 代表取締役 黒越誠治
[所在地] 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー27F
[設立日] 2000 年3 月8 日
[U R L] (リンク »)
[事業概要]
(1) インターネットを応用したビジネスの企画、開発、運営
(2) Web ショッピングサイトの制作・コンサルティング
(3) インターネットショップの運営
(4) 小売店舗ブランドイメージ構築コンサルティング
(5) 上記分野の調査、コンサルティング
(6) 金融商品取引法に規定する第二種金融商品取引業(クラウドファンディング)

株式会社みずほ銀行
[代表者] 頭取 藤原弘治
[所在地] 東京都千代田区大手町1–5–5
[発足日] 2013 年7 月1 日
[U R L] (リンク »)
[事業概要]銀行業務

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]