ドローン業界初!ドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」が登場日本橋の三越百貨店にて6日間の期間限定で発売

株式会社スカイロボット 2017年08月16日

From PR TIMES



産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、浅草農園(本社:東京都港区三田)を通じて、8月2日(水)から7日(月)の期間限定で東京日本橋の三越百貨店にて販売しました。
[画像1: (リンク ») ]

「ドローンベリー」は、育成調査から収穫までドローンが関わって製造したブルーベリーです。
“ドローン業界初”となるドローン育成支援によるブルーベリーが誕生しました。

今回、6日間の期間限定で東京日本橋の三越で販売した「ドローンベリー」は、
[画像2: (リンク ») ]

6日間で完売、出展ブースも大盛況でした。ブースを訪れた人は、
「おいしい!ドローンは、よく話題になっているのは知っていたが、
果物の栽培まで可能だったのには驚いた。」とお話しいただきました。

今回の反響を受けて、来年夏の収穫時期には、今回の販売量の3倍の収穫・販売を目指していきます。また、ドローンで育成支援したブルーベリーをふんだんに使ったジャム(商品名:ドローンベリージャム)を、来年夏頃より製造・販売する予定です。
[画像3: (リンク ») ]

▲ドローンベリーの販売パッケージ〔イメージ〕   ▲ドローンベリー農園:諏訪郡富士見町〔長野県〕

■株式会社スカイロボットについて
株式会社スカイロボットは、『ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献』をミッションとするドローンベンチャー企業です。産業用ドローンのパイオニアとして、豊富な経験と独自のスキルを活かし、人間にとっては過酷な環境で活躍するロボットを提供することで、社会への貢献を目指しています。

近年急普及する産業用太陽光発電分野においては、より長期的な視点での設備保全を可能にしたロボット・ソリューションを提供しております。他にも、家屋調査、非破壊検査、探索、人命救助など、当社のドローンは様々な分野において活用することができます。当社はこれからも、ユニークで世の中に役立つソリューションの開発を推進していきます。

【会社概要】
社名 株式会社スカイロボット
代表 貝應 大介(かいおう だいすけ)
本社所在地 東京都中央区銀座一丁目13 番 15 号 ダイワロヤル銀座ビル オフィスフロア 2F
ホームページ (リンク »)
設立     2014年9月9日
資本金     5億3057万5000円
従業員数    31名
事業内容     
・ドローン本体、周辺機器およびドローン専用アプリケーションの開発・販売・レンタル
・ドローンとAI(人工知能)による探索レスキューシステムおよび医療品等の物質
・運搬システムの開発・販売・レンタル
・ドローンによる構造物の異常検出解析システムの開発・販売・レンタル
・ドローン連動式産業用ロボットの開発・販売・レンタル
・ドローンによる野生動植物、山林および農地等の観察調査システムの開発・販売・レンタル
・DSJの運営およびドローンレース、ドローンゲーム等各種・イベントの企画・開催

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]