日本初 本場中華料理店に特化した飲食店口コミサービス「はおちーず」(好吃族)を公開。

株式会社アジアンベース 2017年08月21日

From PR TIMES

Microsoftのディープラーニング翻訳を活用し、日本語や中国語の口コミを利用者の母国語で提供

株式会社アジアンベース(本社:東京都台東区)は、本場中華料理店に特化した
飲食店口コミサービス「はおちーず」を8月21日 web、 iOS、androidで公開しました。




1200万人の中華系外国人旅行者に


1200万人の中華系外国人旅行者に現在1200万人以上の中華系外国人が旅行で訪れています。
総務省のインバウンドに関する資料によると訪日時の飲食費市場は3,342億円です。
そのうち1/7は中華料理を食べるとされ、訪日中華系外国人の中華料理消費額は500億円弱と試算できます。

中華料理は大きく八つに分類され、それぞれに違った味わいがあり、違った食材を使って調理されます。
このことは中国人にとっては常識でありながら、日本ではそのように区別されたレストラン情報サービスは存在していません。

「はおちーず」(好吃族)では日本で営業する本場中華料理店を網羅し、詳細に区分化することで、中華料理店選びの楽しみを提供致します。


100万人の日本在住中華系外国人に


日本には100万人を超える中国人が暮らしています。

彼らもまた日本にある本場中華料理店がまとまった情報サービスがないため、店選びに苦心しています。
「はおちーず」(好吃族)では母国語である中国語で口コミが投稿できるため、
中国語の口コミを参照してお店を選ぶことができます。


数多くの日本人の中華料理ファンに


「はおちーず」(好吃族)は日本人の中華料理ファンにも中華料理情報を提供します。
SNS全盛の中、日本人にとって珍しい中華料理の数々がSNSに拡散されています。

今年4月に四川料理だけに特化して催された「四川フェス」は想定を大きく上回る2万人を動員しました。
この成功は数多くの関係者の耳目を集め、8/25に「中華料理もっと向上委員会」 (リンク »)
という消費者団体が結成されます。

「はおちーず」(好吃族)は「中華料理もっと向上委員会」とタイアップしながら
日本人消費者へもおいしい本場中華料理情報を提供いたします。



Microsoft Translatorのディープニューラル ネットワーク翻訳を利用


「はおちーず」(好吃族)は中国人の口コミを日本語へ、日本人の口コミを中国語へ
Microsoft Translator ディープニューラルネットワーク技術を利用して相互翻訳を行います。
これにより、中国語のみを解する外国人旅行者や店舗オーナーへ、翻訳した日本人の口コミ情報提供を行います。同時に日本人にも中国人の口コミ情報を提供致します。

[動画: (リンク ») ]




利用料金


「はおちーず」(好吃族)は無料で利用できます。
店舗掲載は、基本情報の掲載は無料にて掲載できます。
画像や動画などの詳細な情報の掲載は年額10万円にて掲載することが可能です。



今後のビジネス展開

株式会社アジアンベースは、現在東京中心である掲載情報を日本全国に拡充するとともに、
予約機能や電子マネー決済機能、店舗からのPUSHサービス、ソーシャルマッチングサービス等の機能追加、そして海外への展開などを考えております。


・ウェブサイト:はおちーず
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



・iOS: はおちーず 好吃族
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]



・Android: はおちーず 好吃族
(リンク »)


[画像5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]