浅野彰太・小田原市議会議員とタウンストーリー株式会社がコラボした、タウン情報企画「小田原Style」がプレオープン

タウンストーリー株式会社 2017年08月20日

From PR TIMES

浅野彰太・小田原市議会議員とコラボしたタウン情報企画「小田原Style」のウェブサイトが、8月20日にベータローンチいたしました。

地方議員と市民がコミュニケーションできることを目的とした地域密着型SNS「TownStory」(ベータ版)、「地方議員向けタウン情報企画」を運営するタウンストーリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 日高光治)が、浅野彰太・小田原市議会議員(無所属)とコラボした、「小田原Style」のウェブサイトが、8月20日にベータローンチいたしました。



新しいコーポレートスローガンとして「IT(情報技術)を駆使して市民のために『新しい』物語を」を掲げ、地方議員と市民がコミュニケーションできることを目的に「議員と市民がもっと良いコミュニケーションができる!」を合言葉とした地域密着型SNS「TownStory」(ベータ版)や、地方議員向け「タウン情報誌企画」、地域密着型動画広告事業などを運営するタウンストーリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 日高光治)が、浅野彰太・小田原市議会議員(無所属)とコラボした「小田原Style」のウェブサイトが、8月20日にベータローンチいたしました。

(浅野彰太とコラボしたタウン情報企画「小田原Style」): (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



現在、弊社の運営する「地方議員向けタウン情報企画」は、累積で100名以上の主に地方議員(一部、地方議員元職や国会議員、支部長等の場合あり)と契約し、急速に全国で拡大しています。

今後は、スマートフォンの急速な普及に伴った、さらなる情報通信技術の進化に注力して、現在までに、「AI(人工知能)を利用したハイパーローカル広告配信システム」の開発や、「VR(仮想現実)を利用した動画配信システム」などの、「シビック」分野での次世代の商品開発に注力し、さらに、市町村など自治体との協力関係の構築や、リアルイベントとSNSの連携を行っていく所存です。

■タウンストーリー株式会社
2016年7月7日に設立され、地方議員(注:一部、元職の地方議員、国会議員等の場合もあり)とコラボした「地方議員向けタウン情報企画」や、地域密着型SNS「TownStory」(ベータ版)などのメディア事業を運営しているモバイルシビックテックベンチャー企業です。主に地方議員とのコラボによる「タウン情報誌」の現在までの企画総数は、東京・千葉・埼玉・神奈川などの首都圏だけではく、栃木、茨城、群馬、大阪、兵庫、岡山、名古屋、静岡、新潟などにも展開し、ついに、累計地方議員契約者数が、100件を超えました。
設立 2016年7月7日
本店所在地 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-14-4 バイファルビルディング日本橋3F
代表取締役 日高 光治
ホームページURL:  (リンク »)
「議員と市民がもっと良いコミュニケーションができる!」地域密着型SNS モバイルアプリTownStoryの登録方法ページ : (リンク »)
議員向けタウン情報企画の紹介ページ: (リンク »)

■浅野彰太・小田原市議会議員 略歴
1977年7月3日、神奈川県小田原市出身。神奈川県立足柄高校卒業後、飲食店を経営。2015年04月26日の小田原市議会議員選挙で初当選し、現在1期目(無所属)。
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]