欧州で権威のある「EISAアワード」を29年連続で受賞

キヤノン株式会社 2017年08月21日

From PR TIMES

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ2機種と交換レンズ1機種の合計3機種が、欧州で権威のある写真・映像関連の賞「EISAアワード2017-2018」の各賞を受賞しました。これにより、キヤノンは29年連続で「EISAアワード」を受賞したことになります。



■ 「EISAアワード2017-2018」受賞製品(3件)

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]

■ 写真や映像制作の幅広いユーザーのニーズに応える3製品が受賞
今回キヤノンが受賞したのは、約3040万画素の解像力と高速連写・高感度性能を両立したハイアマチュアユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」、カメラボディー上面の表示パネルや2つの電子ダイヤルの搭載により高い操作性を実現した本格志向のエントリーユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 77D」、画面中心から周辺まで高画質を実現したプロ向けの超広角ズームレンズ「EF16-35 mm f/2.8L III USM」の合計3製品です。受賞製品は、写真や映像制作の幅広いユーザーのニーズに応える、優れた製品として評価されました。
[表: (リンク ») ]



<参考>「EISAアワード」とは
「EISA(European Imaging and Sound Association)」は、欧州23カ国・地域のカメラ、ビデオ、オーディオなどの専門誌約50誌が加盟している欧州を代表する権威ある団体です。
「EISAアワード」は、同団体に加盟する各誌の編集者やテクニカルエディターにより決定される賞で、過去1年間に欧州10カ国・地域で発売された写真・映像・音響関連製品の中から優れた製品に贈られます。1982年にスタートして以来、今年で36回目を迎えました。なお、今回の受賞により、キヤノンの受賞は1989年より29年連続の受賞となり、幅広い製品分野において累計32回(年)、合計72種類の製品・技術が受賞したことになります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]