データもドローンも簡単管理「Smart at drone」に自動航路生成など新機能追加

SBT 2017年08月24日

From PR TIMES

ドローン操縦アプリ「DJI GO」「DJI GO 4」とも連携、9割以上のドローンで利用可能に拡張

IoTアプリ開発に豊富な実績をもつM-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ドローン総合管理サービス「Smart at drone(スマート アット ドローン)」をバージョンアップしましたのでお知らせします。また、今回のバージョンアップにあたり、民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJI社のドローンに対応したことで、Smart at drone は流通しているドローンの9割以上に対応しました。



Smart at droneバージョンアップの注目ポイント
Smart at droneは、「簡単操作でドローンの活用を」をコンセプトに、農業における農作物の生育状態の確認や、建築業における建物や道路の検査など幅広い分野で、ドローンによるデータ分析やドローンの管理作業を効率化する総合管理サービスです。
今回のバージョンアップでは、技術者以外でも簡単にドローンの航路を設定可能な「自動航路生成」機能や、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利)の電子証明書を利用したセキュリティ強化「デバイスID認証」を実装しました。
さらに、無人自動空撮システムの世界シェアNo,1のDJIが提供するドローンに対応し、市場に流通するドローンのうち、およそ9割の機種で利用可能となります。
DJIのドローン操縦アプリ「DJI GO」、「DJI GO 4」に対応し、飛行航路データをSmart at droneに取り込み、動画とセットで航路の表示が可能です。
[画像: (リンク ») ]


■バージョンアップの詳細
Smart at droneは、撮影した動画と航路情報を取り込み、動画と航路を同時に参照しながら、気になる箇所をクリッピングし、コメントが入力できます。
また、簡単にレポート化して、クラウド上で共有することが可能です。
今回、これらの基本機能に加えて、下記の機能が追加されました。

・自動航路 始点と航行範囲の4点を指定することで、自動で航路が設定できます。高度、速度、航行密度もカスタム可能です。
・デバイスID 特定のPCからしかSmart at droneを使えないようにすることで、セキュリティを強化します。
・拡大表示 動画の一部分を拡大して表示することができます。
・全画面表示 サービス画面の枠内だけではなく、全画面表示で動画を表示できます。
・DJI連携 DJIのドローン操縦アプリ「DJI GO」、「DJI GO 4」の航路データを、Smart at droneで航行情報の表示が可能です。

▼ Smart at droneに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
(リンク »)

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのIoTアプリケーション開発企業です。
ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。
ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。
今後、ロボットやドローンはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。
その分野で先陣を切って、IoTアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]