セゾン情報システムズがSAP ERPの保守をリミニストリートに移管

日本リミニストリート株式会社 2017年08月25日

From PR TIMES

中期経営計画で目指す、社内ITリソースの適正化を実現

Oracle(R) およびSAP(R)などエンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーのリミニストリートは、セゾン情報システムズが、自社で活用するSAP ERPの保守サポートを、ベンダーのサービスからリミニストリートに移管したことを発表いたします。

リミニストリートのサポートに切り替えたことで、同社はSAP ERPにかかる維持運用にかかるリソースを適正化(構造改革)することに成功し、価値を高められる戦略的な取り組みにリソースを振り分けることが可能になりました。セゾン情報システムズでは、2006年にSAPのERPを導入し、バージョンをECC 6.0まで上げて利用を継続しています。

同社 情報システム部の高橋秀治 氏は次のように述べています。
「SAP ERPの導入当時は、社内の仕組みを自動化し効率的に物事を進めていくと言う観点では、機能的に優れており、当社の求めるニーズを満たしていました。一方、システムが安定稼働しているにもかかわらず、決して安くない維持運用にかかる固定費を継続的に支払い続けることのデメリットは大きいと感じていました。我々は何のために存在するのか、大事にする価値とは何なのかを自ら問わなければなりませんでした。その結果、維持運用に注力しすぎたために、本来やるべきことが出来ていなかったのではないかと内省するに至りました。従来から維持運用にかかっていたリソースを新しい価値に変換すること、仕事のやり方の構造を変革することが必要だったのです。その一つのきっかけとして、リミニストリートを選択することにつながりました。おかげで現在は、当社を担当するリミニストリートの専任サポートエンジニアによるプレミアムレベルのサポートを受けられるようになり、ERPシステムの維持運用にリソースを奪われるのではなく、価値を高める取り組みにリソースを集中することができるようになりました。」

すべてのリミニストリートのお客様には、専任サポートエンジニア(PSE:Primary Support Engineer)が指名され、24時間365日にわたるサポート体制を備えています。PSEは、お客様が活用されているソフトウェアに対して平均15年のサポート経験を持つベテランエンジニアばかりです。加えて、業界をリードする当社のSLAでは、重大なケースにおいて15分以内の応答を確約しています。さらに、現行のシステムをアップグレードなしで少なくとも15年間稼働させることを可能にしています。

日本リミニストリート株式会社 北東アジア総括ジェネラルマネージャー 兼 日本支社長の脇阪順雄は次のように述べています。
「流通・金融向けソリューションを中核に、独自のサービスを展開するセゾン情報システムズ様では、SAPのソフトウェアに対するこれまでの多大な投資による価値を最大化すると同時に、今後のIT投資によるリターンを最適化することに重きを置いていらっしゃいますが、これは現在多くの日本企業が抱えているニーズでもあります。リミニストリートのサポートを活用いただければ、セゾン情報システムズ様と同様に、現行バージョンのSAPシステムを少なくとも15年間は費用対効果の高い状態で利用し続けることができると同時に、IT予算を顧客への価値提供や、競争優位性を獲得するための戦略的な分野へ投資することができます。数多くの受賞歴を持ち、市場で認められたリミニストリートのサポートなら、お客様の中核となっているERPシステムをベストな状態で維持し、予算をよりプラオリティの高い戦略的なビジネス領域に集中できるよう導くことができます。」


リミニストリートについて
リミニストリートは、エンタープライズソフトウェア向けの独立系保守サービスを提供するグローバルリーディングカンパニーです。2005年以来、受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズ向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。こうしたプログラムにより、Oracle、SAP、IBM(R)、Microsoft(R)、その他エンタープライズソフトウェアのライセンシーの総サポート費用の最大90%を削減することが可能になります。そして、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来る環境が整います。現在、多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む1,330社を超える顧客が、ソフトウェアベンダーから独立した信頼できるサポートプロバイダーとして、リミニストリートを利用しています。
詳細は (リンク ») をご覧ください。またTwitter(@riministreet)、Facebook、LinkedInでリミニストリートをフォローしてください。


将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、Rimini Street Advance Database Security – powered by McAfeeおよびリミニストリートグローバルセキュリティサービスに関する記述など、将来見通しに関する記述が含まれる場合があります。「考える」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「推定する」、「継続する」、「期待する」、「意図する」、「見込む」という文言および同様の表現は、将来見通しに関する記述の特定を意図したものです。これらの将来見通しに関する記述にはリスクおよび不確実性が伴い、さまざまな想定に基づいています。リスクが実現または当社の想定の誤りが判明された場合、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述によって暗示された結果と大きく異なる可能性があります。リミニストリートは、本プレスリリースの発表時点の内容に過ぎない将来見通しに関する記述または情報を更新する義務を一切負いません。

# # #

(C) 2017 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるリミニストリートの登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリートの商標です。その他のすべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。特に規定がない限り、リミニストリートはこれらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業に提携、支持、または協力を求めることはありません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]