ブッキング・ドットコム、情熱をもって旅に出かける人を応援する「情熱トラベラープロジェクト」始動!

Booking.com Japan K.K. 2017年08月29日

From PR TIMES

2017年8月29日(火)より3泊4日の宿泊券が当たるSNSキャンペーン開始!4人の“情熱トラベラー”による旅の様子をSNSおよび、公式YouTubeにて随時公開

[2017年8月29日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、情熱をもって旅に出かける人を応援する、「情熱トラベラープロジェクト」を2017年8月29日(火)より開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]

日本ではまだまだ、目的や情熱をもって旅行をするというよりも、行き先やアクティビティが決められた、パッケージ旅行を選択する人が大半を占めています。ブッキング・ドットコムは、旅行先で実現したい目的や、アクティビティ等、一人ひとりが“情熱”をもって行く旅行の醍醐味や楽しさをより多くの人に広めたい、という思いから“情熱”をもって旅に立つトラベラーを応援する「情熱トラベラープロジェクト」を開始いたします。

本プロジェクトの一環として、InstagramおよびTwitterのいずれかのSNS上で、指定のハッシュタグ(「# Bookingヤッター 」「#Booking情熱トラベラー」「#Bookingcom」)と実現したい情熱の内容や泊まりたい施設の名前と施設の画像(ブッキング・ドットコムのサイトからコピー可)を投稿していただくと、ブッキング・ドットコムで予約可能なご指定の3泊4日分の宿泊券が当たる“情熱トラベラーキャンペーン”を2017年8月29日(火)より開始いたします。

また、2017年10月から随時、食・ファッション・写真・芸術の各専門分野で、国内外問わず活躍する4人の“情熱トラベラー”が、それぞれの情熱を実現するべく様々な国に旅立ちます。旅の様子は、各“情熱トラベラー”のSNSアカウントおよび、ブッキング・ドットコムの公式YouTubeチャンネルよりご覧いただけます。

ブッキング・ドットコム公式YouTubeチャンネル:
(リンク »)

【キャンペーン概要】
◆主催:ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社
◆応募期間:8月29日(火)~10月30日(月)
◆応募締め切り:10月30日(月)
◆投稿内容:
1.実現したい情熱の内容
2.ブッキング・ドットコムに掲載されている宿泊施設で「あなたが泊まりたい施設の名前」
3.その施設画像 (ブッキング・ドットコムのサイトからコピー可)
4.指定ハッシュタグ「#Bookingヤッター」「#Booking情熱トラベラー」「#Bookingcom」
※当選者にはダイレクトメッセージでのご連絡となります。
◆対象:SNSプラットホーム:Instagram / Twitter
◆指定ハッシュタグ:「#Bookingヤッター」「#Booking情熱トラベラー」「#Bookingcom」
◆抽選発表:抽選結果はキャンペーン応募期間終了後、当選者には、2017年11月上旬までにダイレクトメッセージにて直接お伝えいたします。多少前後する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

◆個人情報について
お客様からお預かりした個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、ご本人様確認、宿泊券発送にのみ使用し、本件に関する諸連絡の目的以外に利用することはございません。キャンペーン終了後は、個人情報保護方針にしたがって、適切に取り扱います。

◆応募上の注意
1.18歳以下の方は、保護者の承認が必要です。
2.本キャンペーンは、事前のお断りなく中止または終了する事があります。ご了承いただけますと幸いです。
3.当選者として宿泊券を受け取る権利およびお受け取りになった宿泊券は、有償無償を問わず他人に譲渡することはできません。また、交換、キャンセルはお受けできません。
4.当選の対象は日本国内にお住まいの方で、かつご連絡先が日本国内の方に限らせていただきます。
5.本件に関するお電話によるお問い合わせは受け付けておりません。

【4人の情熱トラベラー】
■べリッシモ・フランチェスコ

[画像2: (リンク ») ]

Instagram: (リンク »)
渡航先:セブ島(フィリピン)
情熱トラベルテーマ:料理教室体験でセブ島独自の料理を学ぶとともに、屋台やレストランを回り現地の食材を楽しむ。

イタリア、ローマ出身。料理研究家として数々のテレビ出演、クッキングショー、講演、料理イベント出演などで活躍中。国内外レストランやホテルのコンサルティング。伝統を守りながらも現代の食卓に合うような新しいグローバルスタンダードを目指し、イタリアと日本の経験やアジアの様々なアイディア等を活かし世界中で受け入れられやすいイタリア料理を作る。現在は、料理の分野を超えて、イタリアと日本の文化の架け橋的な役割で活躍の幅を広げている。

■植野 有砂

[画像3: (リンク ») ]

Instagram: (リンク »)
渡航先:ロンドン(イギリス)
情熱トラベルテーマ:ロンドンのローカルのファッショントレンド・カルチャーから自身のファッションデザインへのインスピレーションを得る。

1989年東京生まれ。大学在学中からモデルとして活動していた経験を活かし、2011年からアパレルブランド【FIG&VIPER】のクリエイティブディレクターとして活動を開始。DJとしては、フェスやクラブをはじめ、アメリカ・スウェーデン・中国・イビサなど海外でも活躍しており、海外セレブやDJたちとも交友関係が深い。2015年にオーストラリア出身のEDMデュオ「NERVO」の楽曲”Hey Ricky”にフューチャリングアーティストとして参加。ファッションアイコンとしてだけではなく、シンガー・DJ・ブランドディテクター「ALISA」として、日本のみならず海外でも活動中。

■福田 洋昭

[画像4: (リンク ») ]

Instagram: (リンク »)
渡航先:ハバナ(キューバ)
情熱トラベルテーマ:キューバの昔ながらの風景が変わってしまう前に、クラシックな車や今のキューバの現状を直接肌で感じ、それらを写真に収める。

東京を拠点に活動をする。2011年に趣味で始めた写真共有アプリのInstagramに投稿した写真が注目を集め、プロに転身した珍しい経歴を持つフォトグラファー。

■フランセス・スィーヒ(フランキー)

[画像5: (リンク ») ]

Instagram: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
渡航先:ニューカレドニア
情熱トラベルテーマ:美しい海でシュノーケリングを体験し、自身のアート作品にインスピレーションを与える。

1988年東京生まれ、日本とアメリカのハーフ。ニューヨークの美大 School of Visual Arts を卒業し、現在は画家として幅広く活動する。 作品はキャンバスに止まらず壁画やライブペイントなど多岐に渡り、Starbucks, Facebook, Instagram, MINI Cooper, Adobe, Microsoft など様々な企業とのコラボレーションに参画。ニューヨークでの個展を始めアジア各国のアートフェアに出展するなど、グローバルに活動を展開中。

日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約350名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内200名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約12,000軒以上の宿泊施設の予約が可能(2017年6月時点)です。

ブッキング・ドットコムについて
1996年にアムステルダムにて設立されたブッキング・ドットコムは、オランダの小さなスタートアップ企業から、世界最大のオンライン宿泊予約サイトに成長しました。 プライスライングループ(NASDAQ:PCLN)の一部であるブッキング・ドットコムは現在、世界70カ国・199のオフィスを設け、15,000人以上の従業員が所属しています。世界中人々に世界を体験していただくことを使命とし、気軽な旅を実現できるよう、最新の技術を取り入れています。ブッキング・ドットコムでは、アパートメント、家族経営のB&B(ベッド&ブレックファスト)スタイルの施設から、5つ星の高級リゾート、ツリーハウス、さらにはイグルーに至るまで、世界最大の宿泊施設数を提供しています。ブッキング・ドットコムのウェブサイトとモバイルアプリは、40以上の言語で利用でき、世界130万軒以上の施設を、227ヶ国と地域で11万以上の都市で提供しています。毎日、140万部屋以上が予約されており、お客様は24時間いつでも43の言語でサポートを受けることができます。ビジネスやレジャー等の用途に限らず、ブッキング・ドットコムで簡単に理想的な宿泊施設の予約が無料で行えます。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™( (リンク ») )の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、 (リンク ») をご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。