VMwareとPivotal、Pivotal Container Servicesを発表 Google Cloudと協業し、Kubernetesを企業向けに提供

ヴイエムウェア株式会社 2017年08月30日

From PR TIMES

・Pivotal Container Service(TM)(PKS)により、VMware vSphere(R)およびGoogle Cloud Platform上での本番運用を目的としたKubernetesの展開、運用を簡素化
・PivotalとGoogle Cloudが開発したオープンソース テクノロジのKuboに対応したKubernetesディストリビューションとして、PKSは、オンプレミスやクラウドでの柔軟なコンテナ体験へのニーズに対応
・VMwareは、多大なR&D投資の意向を示し、PivotalとGoogle CloudによるKuboに参画


*本内容は、2017年8月29日(米国時間)米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

Pivotal Software, Inc.とVMware, Inc.(NYSE:VMW)は、米国で開催されているVMworld 2017で、Google Cloudと協業し、Pivotal Container Service™(PKS)を発表しました。PKSは、Google Container Engine(GKE)とコンスタント互換するVMware vSphere(R)およびGoogle Cloud Platform(GCP)上で本番運用を目的としたKubernetesを活用できるようにする新製品で、企業やサービスプロバイダ向けに提供されます。PKSの提供開始は、2017年第4四半期を予定し、Pivotal Cloud Foundry(R)(PCF)とVMwareのSoftware-Defined Data Center(SDDC)インフラに統合できるスタンドアロン製品として出荷される予定です。

Google Container Engineとのコンスタント互換を通じてKubernetesの運用を簡素化し、企業を支援
PivotalとVMwareは、エンタープライズITでの豊富なノウハウを基に、オープンソース ソフトウェア開発プロジェクトのKuboの商用版となるPKSを投入し、Global 2000の企業を中心にKubernetesの利用を支援します。コンテナをユニットとして導入するソフトウェアチームは、Kubernetesに代表される信頼性と拡張性に優れたコンテナ オーケストレーション プラットフォームを必要としています。PKSは、運用チームが求める堅牢、かつ保全性の高いコンテナプラットフォームを実現する一方、開発チームが期待する、プライベート/パブリッククラウドでの本番運用を目的とした高可用性、セキュリティ、マルチテナント性を備えた環境へのオンデマンドでのアクセスも可能にします。

PivotalとGoogle Cloudは2016年11月にパートナシップを結び、Pivotal Cloud Foundryで活用されてきたマルチクラウド導入支援機能(BOSH)をKubernetesクラスタで利用できるようにする共同エンジニアリングの取り組みを発表しました。この取り組みを通じて、クラウド環境を問わず展開できる可用性の高いKubernetesクラスタのインスタンス生成と展開、管理を同一の手法で行えるようになります。企業と開発者がコンテナを共通の基準のもと管理する傾向にあることを受け、VMwareはPivotalとGoogle Cloudと協力するとともに、多大なR&Dリソースを投入する意向を示し、Kuboの開発とKubo上でKubernetesの即用性を向上させるソリューションの構築を共同で行っていきます。

PKSの初版は、BOSHやVMware NSX(R)、あるいはGCPサービスとPKSアプリケーションの統合を容易に行えるようにする共同開発のOpen Services Broker APIバージョンと、Kubernetesとの連携を特長とします。またPKSは、NSXによるコンテナ ネットワーク インターフェイス(CNI)互換サービスなどのクロスクラウドに対応したセキュリティ/ネットワーク接続機能も備えています。PKSは、VMware vSphereにシームレスに統合でき、VMwareのSDDCで統一されたインフラで顧客がコンテナや仮想マシン(VM)を利用できるようにします。

また、PKSが、最新版のKubernetesに常に採用されるとともに、Google SRE(サイト信頼性エンジニアリング)を通じてフルマネージドの体験を実現するGoogle Container Engine(GKE)との間でコンスタント互換が確保されている点も企業にとって重要な点です。PKSとGKEとのコンスタント互換により、安全性と一貫性が確保された環境で最新のコンテナ ネイティブのイノベーションをユーザに提供できるようになります。PKSとGKEにより、ユーザはワークロードの可搬性、操作の簡素化、俊敏性を得ることができ、ビジネスで迅速に成果を挙げることができるようになります。

VMwareのインフラや管理製品と緊密に統合するPKS
さらに、PKSを利用する顧客は、VMwareのインフラや管理製品との緊密な統合により、以下の機能を利用できるようになります。

・ VMware Cloud Providerが提供するVMware vSAN™や従来型のSAN/NASストレージベースのvSphereストレージを利用した、ステートフルなアプリケーション向けの永続性のあるストレージ

・ VMware vRealize(R) Automation™を利用した企業向けの自動化とガバナンス、ならびにVMware vCloud Director(R)を利用したサービスプロバイダ向けのインフラのプロビジョニング

・ VMware vRealize(R) Operations™を利用した仮想インフラの監視とトラブルシューティング

・ Wavefront(R) by VMware(R)を利用したコンテナアプリケーションの指標モニタリング

Google Cloud Platform向けにプリコンフィグレーションされたPKS
PKSは、共同開発と管理が共同で進められるOpen Services Broker APIを実装しており、GKEとの互換性が常に図られています。これにより、PKSのユーザはBigQueryやSpanner、Machine Learningなどの革新的なGCPのサービスを容易にアプリケーションに統合できるほか、PKSとGKS間でのアプリケーションの移植を迅速、かつ容易に行えます。

PivotalとVMwareによるPKSの市場提供
PivotalとVMwareがフルサポートするPKSは、大企業、中規模企業、ならびにサービスプロバイダに最適なソリューションです。PivotalとVMwareはPKSを直販に加え、各社の販売チャネルやVMware Cloud Provider™ パートナを通じて販売します。また、PKSはハイパーコンバージド インフラやデータ保護の基盤として実績のあるDell EMCのVxRail AppliancesならびにVxRack Systemsに実装される予定です。


VMware, Inc. カスタマー・オペレーション部門担当 最高執行責任者(COO)
サンジェイ・プーネン (Sanjay Poonen)コメント:
「VMwareは、アプリケーション開発プラットフォーム分野の業界リーダーであるPivotalとGoogleとパートナシップを結び、VMwareのSDDCインフラと統合できるKubernetesソリューションを企業向けに提供します。Pivotal Container Serviceは、IT部門の運用上のニーズと、開発時に求められる容易な展開と運用を両立させるKubernetesの提供を念頭に設計されました。この新しいソリューションは、開発者とIT担当者が一つのチームとして作業できるようにします」

■ご購入および価格について
PKSは2017年第4四半期に提供開始される予定です。価格の詳細は、提供開始時に公開されます。

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。(英語サイト)
(リンク ») (PKS)-and-Collaborate-with-Google-Cloud-to-Bring-Kubernetes-to-Enterprise-Customers.2184911.html

Pivotalについて
Pivotal のクラウドネイティブなプラットフォームが、世界中で最も高く評価されるブランドの数々に おいてソフトウェア イノベーションを促します。世界中のコミュニティにおける何百万もの開発者に より、Pivotal の技術は毎日何十億ものユーザに触れています。10年以上にわたってシリコンバレー有 数の企業でソフトウェア開発の文化を形成してきた Pivotal は現在、世界のソフトウェア開発の在り方 を変える技術的な動きを先導しています。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタル トランスフォーメーションを加速させています。顧客はヴイエムウェアのソリューションを利用してデータセンタの革新とパブリッククラウドとの統合、最新のアプリケーションを用いたイノベーションの推進、デジタルワークスペースを活用した卓越した体験の創出、そして、セキュリティ変革による信頼性の確保を実現し、ビジネスの俊敏性を向上しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2016年度の売上高は、70億9,000万米ドルに上ります。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMworld、vSphere、NSX、vSAN、vCloud、vCloud Director、vRealize、vRealize Operations、Wavefront、VMware Cloud Providerは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。Pivotal、Pivotal Container Service、PKSは、Pivotal Software, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]