商談やプレゼンテーションの強い味方!軽量コンパクトだからどこでも投影できる!仕事でも家でも使えるminiプロジェクターPico Cube(ピコキューブ)を発売

株式会社フェリクロス 2017年08月30日

From PR TIMES

株式会社フェリクロスは、miniプロジェクターPico Cube(ピコキューブ)を2017年12月初旬より発売します。日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」でプロジェクトを開始

今回発売する商品は、Wi-Fi機能が搭載されており、超軽量で持ち運びに便利なプロジェクターです。外出先の商談やプレゼンテーションだけでなく、家の天井で映画を見たり、キャンプなど暗い場所でも映像を楽しんだりもできます。




現在、日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」でプロジェクトを開始しました。
(リンク »)


[画像1: (リンク ») ]


【miniプロジェクターPico Cube(ピコキューブ)の特徴】

●超軽量で持ち運びに便利。電源をつけてから13秒で投影することができる

重さが172gで本体サイズは、55(D)*55(W)*55(H)(mm)と超軽量で持ち運び便利なコンパクトサイズです。場所をとらず、映す場所があればどこでも大画面を楽しめます。使うときは、サッとカバンから出して13秒で投影することが可能です。
[画像2: (リンク ») ]


●Wi-Fi機能によりスマートフォンやパソコンと簡単に接続

Wi-Fiに対応しているので、スマートフォンやパソコンから簡単に映像を見ることが可能です。また、Airplay (apple)やmiracast (android)で無線接続もできます。

無線環境がない場合は、HDMIケーブルを使えば、有線接続で安定した映像を見ることができます。

●DLP(Day light projector)の技術を採用
明るさは100ルーメンで、DLP(Day light projector)の技術を採用。環境にも配慮した省エネタイプのLEDライトを使用しています。部屋の中などの暗い場所だけでなく、明るい場所でも色鮮やかで鮮明な画像を可能にします。(直射日光が当たる場所は除く)

●Hi-fiスピーカー内蔵で音声も聞ける
[画像3: (リンク ») ]


スピーカーが内蔵されているので、映像だけでなく音声も同時に利用できます。また、Bluetooth用のアダプターを購入すれば、コードレスのヘッドホンやスピーカーも利用できます。

●約2時間使える内臓バッテリーを搭載

バッテリーが内蔵されているので、外出先でも手軽に利用できます。バッテリー容量は2500mAHで、約2時間使い続けることが可能。専用アダプターで直接充電しながら使用もできます。

●クラウドファンディングの概要

クラウドファンディングサービス:Makuake(マクアケ)

(リンク »)

目標金額に達成しない場合でも、申し込んだ時点でプロジェクトは成立します。


●商品の概要

商品名:フェリクロス miniプロジェクターPico Cube

一般販売予定価格 43,000円

発売時期:2017年12月初旬予定

商品の詳しい情報は弊社のウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

●株式会社フェリクロスについて

株式会社フェリクロスは、輸入雑貨を集める総合商社です。スマートウォッチやMARVOのゲーミング用デバイスなどの商品を世界中から仕入れています。

フェリクロスでは、常に最新技術に目を向け日本人では発想できないようなアイテムを発見し、皆様にお届けすることを目標としています。


・会社概要

株式会社フェリクロス
ホームページ: (リンク »)
問い合わせ先:info@felicross.comまたはホームページのお問い合わせページより

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]