「8K対応液晶テレビ」『AQUOS 8K』70型<LC-70X500>を発売

シャープ 2017年08月31日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

 シャープは、2018年12月開始予定(※1)の8K実用放送に先駆け、8K解像度の高精細・高画質液晶パネルを搭載した「8K対応液晶テレビ」<LC-70X500>を発売します。

 本機は、フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K高精細液晶パネルを民生用液晶テレビに採用した、『AQUOS』シリーズの最上位モデルです。これまでの4K解像度では表現できなかった究極のリアリズムを追求し、肉眼では捉えきれないきめ細かな映像を再現できる8K液晶パネルの高精細表示に加え、当社が長年『AQUOS』で培ってきた広色域・高輝度技術などにより、これまでにない映像体験が可能となります。

 現行デジタル放送(地上・BS・110度CS)のフルハイビジョン映像や4K映像については、8Kの高解像度にアップコンバートして表示できるほか、広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」や映像の輝きを復元する「メガコントラスト(※2)(ダイナミックレンジ拡張)」技術を搭載しているので、現在視聴しているテレビ放送番組をはじめ様々なコンテンツをさらに高画質な映像でご覧いただけます。

 また、2018年の8K実用放送に合わせて発売予定の「8K放送対応受信機(別売)(※3)」を接続すれば8K実用放送も視聴できるので、8K高画質でそのまま楽しむことが可能です。

■ 主な特長
1.8K高精細液晶パネルを搭載した「8K対応液晶テレビ」
2.現行デジタル放送や4K映像を、8K解像度にアップコンバートして表示が可能
3.豊かでリアルな色再現「リッチカラーテクノロジープロ」、映像の輝きを復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」技術など、独自の『AQUOS』映像技術を搭載


※1 2014年9月総務省発表。実用放送とは、一般放送において家庭で受信可能な環境が整備されており、商用放送されているもの。または、基幹放送において放送試験局ではなく、放送局/実用化試験局で放送されるもの。
※2 メガ(MEGA):Master Engine Gain Analyzerの略。
※3 2018年年末発売予定のため、商品情報や価格に関しては公表しておりません。また8K放送を視聴するためには、8K対応のアンテナ・ブースターなどへの変更・工事が必要になります。


※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
(リンク »)

【プレスリリース全文(PDF版)】
(リンク »)

【画像ダウンロードサービス】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]