より満足度の高いライヴ・イベントの実現に向け、AI を活用した来場者分析システムを開発

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2017年09月01日

From PR TIMES

~システム導入に向けたライヴ会場での実証験を開始~



 当社は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野拓也)と、より満足度
の高いライヴ・イベントの実現に向けて、マイクロソフトのAIサービス「Microsoft Cognitive Services」を活用した、ライヴ来場者分析システムを開発、システム導入に向けた実証実験を開始いたしました。

 本システムは、AIで会場内に設置したカメラで来場者の顔を検知し、ライヴの盛り上がりや演奏されている楽曲と、「怒り」、「軽蔑」、「嫌悪感」、「恐怖」、「喜び」、「中立」、「悲しみ」、「驚き」の感情との関連性を分析、数値化するものです。
 従来、ライヴ・イベントの客観的な評価は、定性的な指標によるものでしたが、来場者の反応を数値化することで、定量的な効果測定の難しいエンタテインメントの客観的な評価が可能になり、イベントの質や満足度の向上に向けた取り組みがより容易に行うことが可能になります。
 そして、このたび2015年日本レコード大賞新人賞を獲得したアーティスト「lol -エルオーエル-」のライヴツアー『”live tour 2017 [ lolz ]”ファイナル』(本年7月に東京で開催)において、実証実験の第一弾を実施いたしました。今後は、さらなる実証実験を重ねデータやノウハウを蓄積して行く予定で、当社は、本システムの実用化後に、ライヴ・イベントの効果測定ソリューションとして、外販していくことも検討しています。
 両社は、AIを活用する事で、ユーザーニーズを反映したライヴ・イベントの開催をはじめとするエンタテインメント市場のデジタルトランスフォーメーションを推進していきます。

<本システムの活用例>
・曲順や演出変更による来場者満足度の向上:ライヴ中のネガティブな感情をリアルタイムで検知し、演奏の順番
 や演出などを変更することで、来場者がより楽しめるようなライヴの実現を図ります。
・ライヴ評価のスコアリング:ライヴ自体の評価を観客の反応として数値化し、スコアリングすることで、アーテ
 ィストのパフォーマンススキルや人気度などを定量的に評価することが可能になります。
・グッズ購入者の可視化:会場物販での購入者を検知し、属性(性別や年齢など)をデータ化することで、ECサ
 イトとの連動や販売予測などに活用することが可能です。
・チケット購入者分析から来場者分析への転換:チケット販売時は、購入者として情報のみ取得可能ですが、来場
 者属性を分析することで”実際にチケットを必要としている人”を把握し、新たなマーケティングにつなげること
 が可能です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]