ホロラボに「ゆーじ」こと島田侑治氏が合流、CTOに就任

HoloLab Inc. 2017年09月01日

From PR TIMES

xRコミュニティの牽引者がホロラボに合流!

株式会社ホロラボ(HoloLab Inc. 東京都品川区上大崎3 代表取締役CEO 中村薫)は、2017年9月1日付けで、xRコミュニティで著名な「ゆーじ」こと島田侑治氏が入社、CTO職に就任したことを発表します。



ゆーじ氏について
島田氏はOculusRift DK1登場時からVRの持つ可能性に大きく惹かれ、2013年8月開催のOculus Festival in Japan Vol.0(その後のOcuFes、現在のJapanVR Fest)立ち上げに参加するなど、Twitter名「ゆーじ」の通称で日本におけるVRコミュニティの発展に取り組んで来ました。
[画像1: (リンク ») ]

共著書「Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ」(翔泳社)は、Oculus Rift等でVRコンテンツを制作する上でのバイブルとも言うべき位置づけとなりました。

HoloLensとの出会い
2016年にMicrosoft HoloLensを体験直後に購入を決意。自身の開発体験をTwitterやブログで日常的に公開しつつ、HoloLensアプリ「Artgram」や「HoloExproded」などを日本初のストアアプリとして無料公開するなどの精力的な活動でHoloLensやWindows Mixed Realityの魅力を伝え続け、2017年1月にはMicrosoft MVPアワードでMVP for Windows Developmentを受賞しました。
[画像2: (リンク ») ]

今回、HoloLensやMixed Realityが持つ将来性についてゆーじ氏とホロラボが意気投合し、満を持してCTOとして迎えることとなりました。

PANORA記事:「VR/AR/MR開発者の「ゆーじ」氏、ホロラボに合流」
(リンク »)

期せずして、DELLやAcerよりDeveloper版がリリースされたImmersiveヘッドマウントディスプレイによるハイコストパフォーマンスなVRも、Windows Mixed RealityというHoloLensと同一のプラットフォームでの開発と展開が可能となってきています。ホロラボの目指す、RealityとVirtualityを自由自在に操る技術がより身近なものになってきます。

ホロラボは、VRでの大きな実績とMixed Realityに対する強いコミットメントを持つゆーじ氏を迎えて、更にその活動を加速させます。

今後のゆーじ氏とホロラボの活躍にご期待ください。

補足資料
本名:島田侑治。千葉県出身、1985年生まれ。
Microsoft MVP for Windows development。
趣味は寿司と写真撮影。
共著書: 「Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ」(翔泳社)

blogリンク: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


お問合せ
ウェブサイトのコンタクトフォームよりお願いします。
(リンク »)

Microsoft(R), Windows(R), Kinect(R)、またHoloLens™は、Microsoft Corporation の、商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]