劇団四季出身、シンガー・俳優として活躍する中井智彦の公式ファンクラブを開設!

株式会社SKIYAKI 2017年09月01日

From PR TIMES

会員限定のチケット先行申し込みだけでなく、本人によるブログ「歌日記」や画像、動画コンテンツもお楽しみいただけます!

アーティスト・クリエイターのファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営を行う、“FanTech”分野(※1)のパイオニア、株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)は、2017年9月1日(金)に、劇団四季出身のシンガー・俳優、中井智彦(なかい ともひこ)のオフィシャルファンクラブ「ブルートレインなかい号」(URL: (リンク ») )を開設しました。



[画像1: (リンク ») ]


中井智彦は、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業後、2007年に東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」で舞台デビューしました。艶のあるバリトンボイスを持ち味に、圧倒的な表現力と歌唱力で、ミュージカルやライブを中心に活躍をしています。2010年から5年間、劇団四季に在籍。「オペラ座の怪人」ラウル・シャニュイ子爵役、「美女と野獣」野獣役は、それぞれ500ステージを務めました。2015年12月に劇団四季を退団し、 2016年1月からは、ミュージカルという枠に留まらず自らの可能性を広げるべく、“表現者”としての活動を本格的にスタートしています。

2016年7月には、1stアルバム「私の歌を聴いてくれ」を発売しました。本アルバムは、シングライクトーキングのギタリスト西村智彦をサウンドプロデューサーに迎え、情熱的な歌声で歌い上げられた名曲10曲が収められています。同月に開催された、ソロとして初めての公演「中井智彦 Premium Show vol.1」では、自ら企画・構成・演出・作曲を手がける独り舞台「詩人・中原中也の世界」を発表。ミュージカルの最前線で培った豊かな表現力とその美声で観客を魅了しました。同年9月には、世界初演となる梅田芸術劇場主催ミュージカル「バイオハザード」に出演。サラブライトマン・ジャパンツアー2016にはバッキングコーラスとして参加。さらに同年12月には、初のツアー「歌宴2016-私の歌を聴いてくれてありがとう-」を全国4都市6公演で開催し、多くのファンを虜にしています。

2017年4月には、ミュージカルの名曲で綴るコンサート「I Live Musical!」を開催。さらに、初舞台を踏んでから10周年となる今年、11月11日(土)には「I Live Musical! II」を開催することも決定しました。また、ミュージカル「ひめゆり」(檜山上等兵役)や「魔女の宅急便」(キキの父のオキノ役)にも抜擢され、観るものの心を惹きつける“表現者”、中井智彦の活躍に今後も期待が高まります。

この度オープンしたのは、中井智彦のオフィシャルファンクラブ「ブルートレインなかい号」です。同ファンクラブ会員にご登録いただくと、本人によるブログ「歌日記」や、ファンクラブ会員限定の待受画像、動画コンテンツ、チケット先行申し込み(不定期)、会員限定メールマガジンなどの特典をお楽しみいただけます。同ファンクラブの詳細については、下記をご確認ください。

▼ 中井智彦Official Website
URL: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]



【 中井智彦 オフィシャルファンクラブ詳細】

■ファンクラブ名
ブルートレインなかい号

■URL
(リンク »)
※当サイトはオフィシャルサイトとファンクラブを兼ねて運営しています。

■会費
月額400円(税別)
※お支払いには、「docomo、au、SoftBankの携帯会社決済代行サービス」と「クレジットカード決済」がご利用いただけます。

■中井智彦オフィシャルファンクラブ会員特典
本人によるブログ「歌日記」
WALLPAPER(待受画像)
MOVIE(動画)
チケット先行(不定期)の申し込み
ファンクラブ会員限定メールマガジン
バースデーメール
デジタル会員証/会員番号
会員限定イベント
グリーティングカード発送


【会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14フジビル40 4F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:200百万円
事業内容:プラットフォーム事業、映画・映像制作事業、イベント事業、旅行・ツアー事業

■Corporate: (リンク »)
■Facebook: (リンク »)
■twitter: (リンク »)

当社は、クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、運営及び公式グッズECサイト、電子チケットサービスなどの開発を手がけております。当社がアーティストやクリエイター、企業、およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、全員が働きがいを感じ、成長し続けることができる環境づくりを推進しております。


(※1)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する造語。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業など創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。