【世界初】無料スマホ「handy」を世界で初めて旅館に導入!

TRT 2017年09月05日

From PR TIMES

インバウンド(訪日外国人)旅行者をメインターゲットとするエンタメ旅館 The Ryokan Tokyo (所在地:神奈川県湯河原町)は、 今年7月日本に初上陸したばかりの新サービス"handy"を、旅館として世界で初めて導入いたします。世界17ヶ国、600以上のホテルが設置する海外で人気の宿泊者向けデバイスです。



[画像1: (リンク ») ]

◆handyとは?
handyは一言で言うと、通信料・通話料など全て無料のレンタルスマホです。観光にも持ち出せ、多言語対応のため、海外旅行でよく困るネット検索や地図表示などのネット通信や、観光先への電話や予約の際の通話も無料。アメリカなど一部の国への国際電話もなんと無料です。


[画像2: (リンク ») ]

世界では17ヶ国、ザ・リッツ・カールトンやヒルトン、 ハイアット、 マンダリンオリエンタル、 マリオット、 シャングリ・ラなど600以上のホテルに採用されています。

[表1: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


◆使い慣れた端末で簡単操作!
handyはAndroid端末で、スマホに慣れたユーザーであれば操作は簡単です。

◆国内電話・国際電話が無料!
国内通話は無制限で無料。また日本国内の通話だけでなく、 海外(台湾・アメリカ・中国・シンガポール・タイ)への国際電話も無料のため、handyを使えば料金を気にせず家族や友人へ電話ができます。また、内線番号が設定されており、客室同士、外出先でも内線感覚で簡単に連絡を取り合うことができます。


[画像4: (リンク ») ]


◆インターネットが無料(無制限)!
handyはインターネット通信が無料のため、Wi-Fi環境やローミング費用やSIMカードの購入を心配する必要がありません。アプリダウンロードも無制限のため地図アプリや交通案内アプリで移動も楽々。 通信はLTEでドコモのネットワークを使うため、広範囲のエリアでネット検索、SNSなどを便利に利用できます。速度制限もないため、動画を見るなど日本人旅行者にとっても十分メリットがあります。


◆外出先に持ち出せる
客室設置の端末ですがチェックインからチェックアウトまでは持ち出しOKのため、通常のスマホのように使うことができます。周辺の観光情報やオススメスポットもホーム画面に表示。ワンタッチで旅館に電話がつながる仕様のため、宿泊者にとって心強いサービスです。
[画像5: (リンク ») ]


◆旅館からお得なクーポンや日本文化体験の空き状況などの連絡を受け取れる
たこ焼きパーティー・お琴体験・剣舞などのイベントの案内や、書道・コスプレなどの日本文化体験アクティビティの空き状況の案内、レストランの割引クーポンなど、リアルタイムで旅館からのメッセージを受け取ることができます。
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



◆自分好みにカスタマイズ
Chromeブラウザはあらかじめインストールされており、自身のGoogleアカウントを設定すれば、Googleアプリや個人設定をそのまま使うことが可能です。SNSや写真アプリなど、自分好みにカスタマイズして便利に利用でき、旅行の写真の保存もスムーズです。閲覧履歴や個人データについては、宿泊者自身が設定したチェックアウト日に情報が自動消去される仕組みのため安心。
[画像9: (リンク ») ]


◆多言語対応が便利!
The Ryokan Tokyoは日本語以外も対応可能なスタッフが多く在籍していますが、スタッフが対応できない言語でもhandyは英語・中国語をはじめ10ヶ国以上の言語に対応、宿泊者自身がスムーズに初期設定できます。

◆緊急時・非常時に便利
海外で最も心細いことは、トラブルに見舞われた時。ワンタッチで旅館に電話できる事は旅行者にとって心強く、意外と戸惑いがちな外出先から旅館への道順も、ワンタッチで旅館旅館情報が表示できるため、言葉が通じない方にも大変便利です。 海外では実際に、地震やテロなど有事にhandyでスムーズに安否確認ができた事例もあり、緊急時や災害時に旅館とつながるため、安心して外出を楽しむことができます。
[画像10: (リンク ») ]

The Ryokan Tokyoでは、 あらゆる方に広く門戸を開き旅館文化をより多くの方に知っていただけるよう、これからも楽しく・新しいものを積極的に取り入れ、サービスを向上していきます。

◆The Ryokan Tokyo YUGAWARA概要
インバウンド(訪日外国人)旅行者をメインターゲットとし、 世界各国の方が気軽に利用できるフレンドリー&カジュアルな日本文化体験型のエンタメ旅館。ザ・日本を表現したデザインが国内外から人との交流や楽しい体験を求めて旅行者が集まる。
[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]


館内レストラン"Gensen Café(ゲンセンカフェ)" は、関東圏のSNS好きの世代からの人気が高く、時間を忘れてゆっくりでき"人をダメにする"、"フォトジェな写真が撮れる"と話題の温泉カフェ。


[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]



[表2: (リンク ») ]


[画像15: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]