博報堂とプレースホルダ、AR・VR領域における共同研究を開始

株式会社プレースホルダ 2017年09月05日

From PR TIMES

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)と株式会社プレースホルダ(東京都千代田区、代表取締役社長:後藤貴史、以下プレースホルダ)は、AR・VR領域における「体験型アトラクション」についての共同研究契約を締結し、研究を開始しましたのでお知らせします。



博報堂とプレースホルダ、AR・VR領域における共同研究を開始

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)と株式会社プレースホルダ(東京都千代田区、代表取締役社長:後藤貴史、以下プレースホルダ)は、AR・VR領域における「体験型アトラクション」についての共同研究契約を締結し、研究を開始しましたのでお知らせします。

本研究では、「体験型アトラクション」を通じ、ブランドへの継続的なファン効果を促すことを追求します。「生活者発想」を掲げる博報堂が、「生活者の体験」づくりを重視していること、また、自社、あるいはクライアント企業を通じて多数のコンテンツを保有していること、あわせて、プレースホルダがAR・VRなど最新技術を用いた多様なアトラクションを開発していることから、今回の共同研究契約集結締結に至りました。

今後、両社が保有するアセットを提供し合い、融合することにより、クリエィティブ・テクノロジー領域における新たな市場を開拓すると共に、ソリューションの共同研究開発等も実施、企業のマーケティング活動への提案も想定しています。

なお、先行して、8月27日(日)に開催された博報堂DYグル―プの社内イベント「open!SUNDAY2017」(※1)に、体験型アトラクション「SprayPainting/デジタル落書き」(※2)を展示、子どもから大人まで、参加者に好評を博しました。
 


【本お知らせに関するお問い合わせ】
株式会社博報堂 広報 江渡・竹本 :03-6441-6161
株式会社プレースホルダ 広報担当 :info@placeholder.co.jp


【ご参考】
※1博報堂の社内イベント「open!SUNDAY2017」について

博報堂DYグループの社員とその家族を対象とした、オフィス開放イベント。オフィスを赤坂に移転した2008年から開催、今年で計7回実施している。
[画像: (リンク ») ]


※2■「Spray painting / デジタル落書き」について
プレースホルダが開発した、 インクのない不思議なスプレーアート体験装置。 空間内に存在する様々な動物や植物にが、スプレー缶を使って自由に落書きすることが出来、 色の付けられた動物たちは命が吹き込まれたように様々な動きをする。 また、3 次元空間認識にHTCviveTracker を利用しており、VR空間でも同様
のスプレーアート体験をすることができる。
(写真は open!SUNDAY2017 での実施の様子)

Spray Painting / デジタル落書き    (リンク »)

■株式会社プレースホルダについて
ゲーム開発を手がける株式会社ポケラボ創業者の後藤貴史が新たにAR・VR領域で新たな挑戦として創業した次世代型エンターテインメントを企画・ 開発するスタートアップ企業です。 開発チーム・アドバイザーに、IT、ゲーム、教育に強い関わりを持った企業の出身メンバーを迎え、こ れからの時代を担う子供たちから、大人まで楽しめる製品・サービスを開発している。

※会社概要
会社名 :株式会社プレースホルダ 代表 :後藤 貴史
住所 :東京都千代田区岩本町三丁目 3 番 3 号
資本金 :1 億 1,180 万円(資本準備金含む)
設立日 :2016 年 9 月
事業内容:デジタルテーマパーク事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]