中古ビルをコンバージョンしたスモールオフィスの賃貸事業1号物件 クリエイター向けのスモールオフィス・サービスアパートメントなどから成る「SHIBUYA Cherry Garden」が11月オープン!

東急電鉄 2017年09月05日

From PR TIMES

-リアルゲイトと連携し「PORTAL Apartment & Art POINT」、ビームスとコラボした「アーティストインレジデンス」を実施-

 当社は、中古ビルを大規模にコンバージョン(用途変更)した、スモールオフィスの賃貸事業を開始します。第1号物件として、スモールオフィスやサービスアパートメントなどから成る複合ビル「SHIBUYA Cherry Garden」(以下、本物件)が渋谷区桜丘町に11月オープンします。



 渋谷駅周辺には、日本を代表するIoT企業やベンチャー企業、スタートアップ企業が集積していますが、特に少人数で活動するクリエイターたちが求める、賃貸面積が小さく、新たな出会いやアイデアが生まれるオフィスや、職住一体型の住居が不足しています。また、渋谷を訪れる外国人ビジネスマンや観光客も急増している一方で、中長期で滞在できるサービスアパートメントが不足しています。当社は、駅周辺での大規模再開発だけでなく、街の既存資産を活用し、時代のニーズに応じて手を加えていくことで、新たな働き方や暮らし方を実現する場を提供していきます。

 本物件は、築36年の中古マンションを当社が購入し、青山や原宿、中目黒などの流行発信地を中心にクリエイターズオフィスを多数展開する株式会社リアルゲイト(以下、リアルゲイト社)と連携し、国内外のクリエイター向けのスモールオフィス、サービスアパートメント等を組み合わせた 「PORTAL Apartment & Art POINT」を核としたビルとして改修し、貸し出します。
  中長期間滞在できる家具付きのサービスアパートメントとレジデンスや、入居者同士が交流する賑わいと憩いの場として、ロビーラウンジ、ミーティングルーム、ルーフトップを配置するほか、地域に開かれたオープンスペースを設置し、地域との交流も促進します。
 また、サービスアパートメントのうち2部屋は、株式会社ビームス(以下、ビームス)との連携により、「アーティストインレジデンス」として運用します。ビームスが招聘したアーティストが実際にその部屋で暮らし、渋谷の街や人との交流から制作の原動力やインスピレーションを得て、部屋の壁面などに数か月をかけて作品を制作します。完成後には、特別なアートが施された部屋に入居することができ、その部屋の居住者だけが鑑賞し体感できる魅力的な空間になります。アーティストへの作品制作支援としてだけでなく、地域の魅力再発見や、物件の価値向上などが期待できます。

 当社は、今後もリアルゲイト社と連携して、東急線沿線の都心エリアを中心に、築年数の経過などにより継続的な運営が困難になっている中古建物を取得、改修し、スモールオフィスなどから成る施設を賃貸物件として展開していくことで、新たな働き方や暮らし方の実現に貢献し、同エリアの活性化を図っていきます。
 本事業に関する詳細は別紙のとおりです。
[画像: (リンク ») ]

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]