ABEJA、マーケティングディレクターに元AWS社 小島英揮氏が就任

株式会社ABEJA 2017年09月06日

From PR TIMES

~ マーケティングを強化しABEJA Platform Partner Ecosystemの展開を加速 ~

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(以下 AWS社)の元マーケティング本部長であり、日本最大規模のクラウドコミュニティ「JAWS-UG」の創始者である小島英揮氏が、2017年9月1日付で、ABEJAのマーケティングディレクターに就任しましたので、お知らせいたします。

ABEJAは、AIのブレークスルー技術であり、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供しています。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の350店舗以上(2017年8月末時点)に導入頂き、店舗運営の改善に資するソリューションを提供してまいりました。また、2016年6月には、ダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターと、ディープラーニングを活用した協業を開始し、製造業界にも進出しています。

小島氏は、AWS社においてマーケティングを統括され、同社が提供するクラウドコンピューティング利用者を対象としたコミュニティ「JAWS-UG」を創設、日本最大規模のコミュニティに育て上げるなど、マーケティング分野で数々の功績を残されています。小島氏には、ABEJAのマーケティングディレクターとして参画頂き、これまでの豊富な経験と幅広い見識を活かし、マーケティング戦略の策定と実行を統率頂けるものと考えております。また、2017年冬にリリース予定である「ABEJA Platform Open」(※)を軸とした、Partner Ecosystemの展開を加速させるべく、パートナーとの双方向のコミュニケーションを実現し相互理解を深め、より強固な連携を実現できるよう、本エコシステムのコミュニティ形成にも注力頂く予定です。

ABEJAは、引き続き人工知能技術の研究開発と事業化を促進し、ディープラーニングの活用により、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進し、産業構造の変革に貢献してまいります。

(※) 「ABEJA Platform Open」とは、これまで顧客へのソリューション提供基盤としてABEJA社内で活用していた、「ABEJA Platform」(PaaS)をオープン化し、一定の認定要件を満たすパートナー企業に利活用頂くもの。様々なIoTデバイスやネットワーク、他サービスと連携することができ、ディープラーニングを活用し、大量データの取得・蓄積・学習・解析・出力・フィードバックが可能な先進的なPaaS基盤。2016年12月にα版をリリース、2017年夏にβ版、2017年冬に正式版をリリース予定。

【 小島 英揮(おじま ひでき)氏 略歴 】

明治大学卒業後、電子フォーム/XML関連ソフトでのマーケティング責任者や、アドビシステムズでのPDF、RIAのエンタープライズ、デベロッパーマーケティングなど、ITのマーケティング職に従事。アマゾン ウェブ サービス ジャパンでは、マーケティング本部長を務め、クラウドコンピューティングを利用する人々のコミュニティである、JAWS-UG(Japan AWS User Group)を創設し、日本最大規模のコミュニティに育てる。2016年8月末にAWSを退職し、現在は、複数の会社と協業し、パラレルマーケター/エバンジェリストとして活躍。

【小島氏からのコメント】

AWSをはじめとするクラウドエコシステムの拡がりが、AIやディープラーニングのビジネス活用を加速させてきています。このタイミングで、ディープラーニング技術で世界に挑戦するABEJAにジョインできることを大変うれしく思います。
これまで自分がグローバルカンパニーで得たエコシステム構築やマーケティング戦略のナレッジを、ABEJAのチームにインストールしながら、世界中のお客様に新たな価値を提供し、自身も新しい成長を得られるよう努めてまいります。

【 株式会社ABEJAについて 】

ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、すべて自社で開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサービスを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社ゲオ、株式会社ジュンなど、国内大手小売企業を対象に約350店舗(2017年8月末時点)への導入実績があります。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長CEO兼CTO 岡田 陽介
資本金: 14億26万円(資本準備金含む)
所在地: 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル10階
事業内容: ディープラーニングを活用した産業構造変革のサポート
URL:  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]