ディライテッド株式会社のクラウド型受付システム「RECEPTIONIST」が、株式会社Oneteamのコラボレーションツール「Oneteam」と、Facebookの「Workplace」に連携を開始

ディライテッド株式会社 2017年09月06日

From PR TIMES

受付管理をより快適に行うことが可能な新機能も追加。

ディライテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本真里子、以下ディライテッド)は、株式会社Oneteam(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木陽、以下Oneteam)のコラボレーションツール「Oneteam」および、Facebookのエンタープライズ版SNS「Workplace」と連携を開始したことをお知らせいたします。
また、受付管理をより快適に行うことが可能な新機能を追加リリースいたしました。



新たに「Oneteam」・「Workplace」と連携開始。
ディライテッドのクラウド型オフィス受付システム「RECEPTIONIST」は、内線電話の代わりに社内コミュニケーションツールを利用し、直接担当者を呼び出すことで来客対応が快適になるクラウド型のオフィス受付システムです。

[画像1: (リンク ») ]



この度、既に連携しているツール「Slack」・「チャットワーク」に加え、新たに「Oneteam」と「Workplace」への連携を開始しました。これにより、「Oneteam」及び「Workplace」をすでに全社的に利用している企業であれば、「RECEPTIONIST」を導入することで来客の通知がこれらのツールから受け取れるようになるため、業務効率化と来客履歴の活用が実現できるようになります。

[画像2: (リンク ») ]



株式会社Oneteamについて
(リンク »)
“「人と働く」をもっと面白く”を、ミッションにチームの生産性を向上させるコラボレーションツール「Oneteam」を提供しています。「Oneteam」は、課題や目的ごとに、まとまった情報を書き込むスペースとして「トピック」を用意しているのが大きな特徴です。

RECEPTIONISTについて
「受付から内線をなくすと、来客対応はもっと快適に。」をコンセプトに作られたクラウド型受付システムです。内線電話を一切使わず、チャットやコミュニケーションツールに連携することでスムーズな来客対応が可能となるため、社内コミュニケーションにおいて日常的にツールを利用している企業に最適な受付システムとなっております。
今回、連携可能なツールが増えたことでより多くの企業様にご利用頂くことが可能になります。今後もニーズの多いツールとの連携を順次進めてまいります。

RECEPTIONIST
(リンク »)

RECEPTIONISTの新機能
受付対応をより快適に行うことが可能になる新機能を追加いたしました。

【今回追加された主な新機能】
・Slackでの来客通知時に「OK」ボタンを表示
Slackでの来客通知メッセージに「OK」ボタンを表示する仕様になりました。
来客対応者はこのボタンを押すだけで、自分が対応する旨を表明できます。
(ボタンを押すと、通知メッセージ内にボタンを押した人の名前が表示され、誰が来客対応をするのかひと目でわかるようになります)

・入館規約の同意
来客時に、お客様に入館規約に同意していただいた上で、受付をすることができるようになりました。ご利用企業にて用意した入館規約をお使いいただくことが可能です。

また、本日より配信しております最新版のRECEPTIONISTのアプリから、アイコンのデザインが変更になりました。頭文字のRと、受付のドアをイメージしたモチーフになっています。

[画像3: (リンク ») ]



ディライテッド株式会社 会社概要
所在地 :東京都渋谷区鶯谷町17-10
代表 :代表取締役:橋本 真里子
設立 :2016年1月21日
事業内容:オフィス受付サービスの開発・販売、受付業務コンサルティング
URL : (リンク »)

Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
BLOG: (リンク »)
BLOG: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。