新聞印刷用のゴムローラー再生装置が新聞協会賞を受賞

株式会社朝日新聞社 2017年09月06日

From PR TIMES

新聞生産のコスト削減に寄与する新技術

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長・渡辺雅隆)が開発した「ローラ再生装置」(商品名)が6日、新聞業界団体である一般社団法人・日本新聞協会の2017年度協会賞(技術部門)に選ばれました。技術部門での受賞は5年ぶりです。



 「ローラ再生装置」は、新聞印刷の輪転機の中でインキや水を受け渡したり、練ったりするゴムローラーが劣化した時に、新品同様によみがえらせる装置です。ゴムを再生する溶剤を工夫し、装置の操作を簡単にすることで、印刷現場で再生できるようにしました。長さ2メートルほどのゴムローラー1本当たりの再生時間は約30分です。

 従来、ローラーの劣化したゴムは廃棄し、製造元に新品のゴムに巻き替えるよう依頼していました。朝日新聞社の輪転機だと、1セットにつき約180本のゴムローラーがあります。印刷現場でゴムローラーを再生できることで、コスト削減と巻き替えの時間短縮に威力を発揮しています。

 開発にあたっては、朝日新聞社が主導し、子会社である株式会社朝日プリンテック(代表取締役社長・尾形俊三)と共同で取り組みました。

 昨年9月からは、他の新聞社や新聞印刷会社向けに販売を始め、導入して頂く例が増えています。

[画像: (リンク ») ]

【写真説明】朝日新聞社と朝日プリンテックが開発し販売中の「ローラ再生装置」。幅2800mm×奥行き800mm×高さ1200mm

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]