Aisa Fasion Collestion 東京でのランウェイショー出場、国内7ブランド、アジア(韓国・台湾・香港)の3ブランドが決定!

株式会社パルコ 2017年09月07日

From PR TIMES



株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区)と株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区)は、ニューヨークコレクションに参加するアジアの若手デザイナー代表を決める国内の最終審査を兼ねた、2017年10月15日(日)実施のランウェイショー“Asia Fashion Collection 5th(アジアファッションコレクション、以下AFC)東京ステージ”に出場する国内7ブランドと、アジア(韓国・台湾・香港)の3ブランド、合計10ブランドが決定しました。

[画像1: (リンク ») ]



AFCは、韓国、台湾、香港、そして日本の若手デザイナーが、ニューヨーク・ファッション・ウィークでのランウェイデビューをかけて競い合う“コンペティション”の要素と、その後、東京やアジアの
ファッションイベントへの参加機会提供、現役プロによるブランド独立のための実践的な支援などを
通じてデザイナーの成長を促進する“インキュベーション”の要素を兼ね備えたプロジェクトで、今回が5度目の開催となります。

前回より、日本の参加対象者を拡大し、ファッションデザイナーを目指す学生、もしくは最終学歴卒業後2年未満の方であれば、在籍・卒業校を問わず日本全国全ての方が参加の対象として、応募者を募っています。全52ブランドの応募の中から、18ブランドが1次審査を通過し、さらに8月29日(火)に行われたトワル(仮生地でのデザインとシルエットチェック)による2次審査で選ばれた7ブランドが10月14日(土)、15日(日)の二日間で実施する最終審査に参加します。
参考)二次審査ダイジェスト動画:

[動画: (リンク ») ]



最終予選では、10月14日(土)には審査員に向けたプレゼンテーション審査、そして10月15日(日)には、一般の方も来場可能なランウェイショーによる審査を行い、2018年2月のニューヨーク・ファッション・ウィーク参加デザイナーを選出します。また、10月15日(日)のランウェイショーには韓国、台湾、香港の代表3ブランドも参加し、コレクションを披露します。
最終審査を勝ち抜きニューヨーク・ファッション・ウィークに参加するデザイナーたちには、現役プロから直接指導を受けられるバンタンデザイン研究所X-SEED(※詳細は最終頁に記載)プログラムを
提供するのみならず、テキスタイルメーカーとのマッチングを行い、オリジナルテキスタイルなどの生産背景サポート強化を図ります。さらにブランドオリジナルWEBサイト制作の提供も予定しております。
日本をはじめアジアの若手デザイナーを発掘・インキュベートするAFCの今後の展開にご期待ください。

【最終審査参加7ブランド / デザイナー一覧】※順不同
■Fumiku / 林 史佳 (ハヤシ フミカ) *バンタンデザイン研究所 X-SEED
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■AH / 和中 碧 (ワナカ アオイ)・HYOWON LEE (イ ヒョウォン) *バンタンデザイン研究所
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■Rier -リエ- / 白谷 理恵 (シラタニ リエ) *バンタンデザイン研究所 X-SEED
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■TSUYOSHI YAO /八尾 剛史 (ヤオ ツヨシ) *バンタンデザイン研究所 大阪校 / 卒業
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■épi á la mode / 堤 美穂 (ツツミ ミホ) *バンタンデザイン研究所 X-SEED
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■/ 山田 有花 (ヤマダ ユウカ)・Shen Yong Yong (シン ギョウギョウ) *文化服装学院 / 卒業
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■KENICHI. /石田 謙一 (イシダ ケンイチ) *バンタンデザイン研究所
ブランド紹介動画: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

最終審査に参加するデザイナーとして、7ブランド(デザイナー9名)を選出。ニューヨークへの切符を手にするのはどのデザイナーになるのか、10月の最終審査にご注目ください。

※参考:応募者(全52ブランド)のデザイナー所属/卒業学校・スクール *順不同
文化学園大学、文化服装学院、文化服装学院 広島校、大阪文化服装学院、大阪モード学園、ESMOD JAPON、バンタンデザイン研究所、バンタンデザイン研究所 X-SEED、バンタンデザイン研究所大阪校、バンタンデザイン研究所高等部、バンタンデザイン研究所大阪校高等部
[画像2: (リンク ») ]


【二次審査審査員コメント】
■サカベ ミキオ (MIKIO SAKABE デザイナー)
コメント: これからはアジアの時代だと思います。それらのクリエーションを世界へ広めていくのはいつでも若いクリエーター達だと思っています。新しい時代は新しい世代の人たちが作りあげていくと思うので、このコンペはとても大事な役割を持っていると思います。期待してます!
■HACHI(BALMONG デザイナー)
コメント: みなさんの新しい感性がカタチになるのを楽しみにしています。まだ分からないことなどもあるかもしれませんが、その代わりにルールの無い方法に思い切ってチャレンジできるパワーに替えて、自分だけの世界観を表現して下さい。
先輩たちにできなくて自分に出来ることは何なのか?を突き詰めて考えていって欲しいです。
■青木 明子(AKIKOAOKI デザイナー)
コメント: AFCは様々な学校から応募のある、幅広い枠組みで競い合えるコンペです。
自分の持ち得る価値観と時代に対しての態度を、思う存分出し切って頑張って下さい。
■津島 忠章(株式会社モデルインク 代表取締役)
コメント: 昨年と比べるとブランドとしての構成力や完成度が高くなりシーズンテーマもしっかり考えられていてコンテストとしてのクオリティが上がっている事を実感しました。ただ一方で感じた事は、慣習に捉われずもう少しパーソナルな服造りをし、誰が、なぜ、このコレクションを作ろうと思ったのか?が伝わるとより深みが出て良いと思います。
■岩田 翔(株式会社KIDS-COASTER / tiit tokyo 代表取締役・デザイナー)
コメント: AFC応募者のみなさま、お疲れ様でした。そして審査通過者のみなさま、まずはおめでとうございます。昨年同様、様々な”新しい個性”を見ることができました。僕自身もとても刺激になりました。次の審査に向けてよりベストなクリエイションを見せられるようがんばってください。楽しみにしています。


【アジア代表デザイナー】
韓国はコリア ファッション アソシエーションによって、Daeun Lee(イ・ダウン)がデザイナーを務めるVLEEDA(ヴルリーダ)が選ばれ、台湾からは、台湾テキスタイルフェデレーションの選考で選ばれたSheng Yao Huang(シァンヤォー・ホアン)がデザイナーを務めるshen yao(シァンヤォー)が参加。
また香港は、香港貿易発展局の選考で選ばれたKey Chow(ケイ・チョウ)とJarno Leppanen(ジャーノ・レッパネン)、2名のデザイナーによるKA WA KEY(カ ワ ケイ)が参加します。


【Asia Fashion Collection 日本最終予選 実施概要】

[画像3: (リンク ») ]

名称:Asia Fashion Collection 5th 東京ステージ
日時:10月14日(土)プレゼンテーション審査
10月15日(日)ランウェイショー審査
(開場14:00 ショー14:30~)
会場:プレゼンテーション バンタンデザイン研究所デザイナーズメゾン(渋谷区恵比寿南1-9-14)
ランウェイショーEBiS303(渋谷区恵比寿1-20-8)
(ランウェイショーはAmazon Fashion Week TOKYO関連イベントして開催)
内容:ニューヨークコレクションでのランウェイデビューをかけた日本国内の最終審査
ランウェイショーには、韓国、台湾、香港の各国代表デザイナーも参加
プライズ:・2018年2月のニューヨーク・ファッション・ウィーク参加権
・ブランド事業化に向けた支援プログラムの提供
(オリジナルのテキスタイルやWEBサイト制作サポート、バンタンデザイン研究所X-SEEDプログラム(※)の無償提供)
観覧:ランウェイショーは無料(事前申込が必要)
申込方法:下記サイトより観覧申込
サイト: (リンク »)
定員:1,000名(予定)
参加者:2次審査通過の国内7ブランド、韓国、台湾、香港の代表の若手デザイナー3ブランド
作品:ウィメンズウェアまたはメンズウェア ※ 2018AWシーズン
審査員:久保田雅也(株式会社ビームス 第1事業本部 BEAMS1部 ウィメンズ課 統括ディレクター)
熊沢 俊哉(株式会社TOKYO BASE STUDIOUS BUYING MANAGER)
村上 要(WWD JAPAN.com編集長 / Editor in Chief OF WWD JAPAN.com)
小湊 千恵美(FASHIONSNAP 報道部 部長/ FASHIONSNAP News Department Manager)
関根 千紘(株式会社 三越伊勢丹 婦人子供雑貨統括部 新宿婦人・子供商品部 TOKYO・C バイヤー)
※敬称略・順不同
最終審査: 10月14日(土)、15日(日)最終審査
 ※プレゼン及びランウェイショーによる審査(国内3ブランド選出予定)
審査基準:<クリエイティブ> ブランドとしてのオリジナリティ、デザイン性、完成度
<ビジネス> 市場性、時代性が考慮されているか
<コミュニケーション> 発信力、ブランドデビューに向けてアクティブ活動ができるか

主催:Asia Fashion Collection 実行委員会
協賛:三井物産アイ・ファッション株式会社、近江織物株式会社、ICHINOSAI、MODA TOKYO
後援:コリア ファッション アソシエーション、台湾テキスタイルフェデレーション、
香港貿易発展局
備考:同時開催VANTAN CUTTING EDGE(主催:バンタン)
問合せ先:Asia Fashion Collection 実行委員会
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-14 バンタンデザイン研究所内
TEL:03-5704-2111、FAX:03-5704-2116 Mail:info@asiafashioncollection.com


【AFC実行委員会について】
Vantan (バンタン)  (リンク »)
1965 年の創立以来、クリエイティブ分野に特化して人材の育成を行っている専門スクール。現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画 映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどの分野において、業界と連携した「実践型デザイン教育」で、即戦力となる人材を育成する教育事業を展開し、これまでに 19 万人以上の卒業生を輩出しています。 【東京・大阪】


株式会社パルコ  (リンク »)
1969年の「池袋PARCO」オープン以来、ファッションのみならず、音楽やアート、演劇などのカルチャーを積極的に紹介し、さまざまな新しい才能の発見や応援をしています。パルコの企業姿勢として、ショッピングセンター事業、エンタテインメント事業、総合空間事業、専門店事業、Web・EC事業など各事業領域において、「新しい才能の発見・支援」に重点的に取り組んでいます。その取り組みは日本国内に限らず、海外の若手デザイナーの成長支援や、日本のデザイナーやクリエイターの海外での事業成長の支援などグローバルに展開しています。各事業での「新しい才能の発掘・支援」を通して成長したブランドや、共感軸で広がったネットワークは当社事業の新しい取り組みに繋がっています。


(※)バンタンデザイン研究所「X-SEED(エクシード)」とは
ファッション分野をはじめ、クリエイティブ分野に特化して人材育成を行うバンタンデザイン研究所では、次世代をリードするデザイン力とブランド運営スキルを学ぶ特別進級クラス「X-SEED」を運営しています。このクラスは、ブランドデビューを目的としたカリキュラム構成で、プロと同様のプロダクトを利用した服作りを学びます。高いクリエイションスキルとティーチングスキルを兼ね備えた、現役のプロフェッショナルが講師を務める少人数チュータリング形式でのデザイン指導を特徴とし、これまでに数多くのデザイナーの独立を支援しています。
バンタンデザイン研究所 「X-SEED」: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]