Amazon、「川崎FC 施設内覧会」を実施

アマゾンジャパン合同会社 2017年09月07日

From PR TIMES

福田紀彦 川崎市長および川崎市立東高津小学校の児童が参加

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、2017年9月7日(木)に、川崎市高津区に立地するアマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)へ、福田紀彦 川崎市長と川崎市立東高津小学校5年生の児童37名を招いた「施設内覧会」を開催いたしました。



今回の「川崎FC施設内覧会」は、2016年8月の開業から1周年を機に、福田市長と東高津小学校の皆様に施設内を見学いただきました。

今回の施設内覧会の会場となった川崎FCは、国内初の「Amazon Robotics」を導入した物流拠点です。「Amazon Robotics」は、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーです。ロボットが商品棚を作業員まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなることで、商品の棚入れ時間と、お客様のご注文商品の棚出し時間の削減につながります。

内覧会では、福田市長と東高津小学校の児童たちに、「Amazon Robotics」をご覧いただき、児童たちからの質問に従業員が答えました。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「開業から1年を迎え、福田市長と地元の小学生の皆様に川崎FCを内覧いただき、大変嬉しく思います。今後も、物流拠点のある地域の皆様と連携した取り組みを行い、地域に根差したFCづくりを展開したいと思います。」

福田市長は今回の内覧会に参加して「川崎FCの中は、最新のロボティクス技術と、どの世代の人々にとっても働きやすい環境作りの工夫が随所に見られとても驚いた。日本のAmazonの中でも最新設備が導入された物流拠点が川崎市にできたことを誇りに思う。また、子供たちにもFCの技術、及びその工程を見せてくれたのは嬉しい。」とコメントしました。また、内覧会に参加した東高津小学校の児童からは「人がロボットと協力しながら働いていることがすごいと思った。」などの感想を聞くことができました。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。