ファッションがネパールの子どもたちの支援につながる!本日9月11日(月)、「ラブ&ピースプロジェクト2017」が開始!

NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン 2017年09月11日

From PR TIMES

ファッション通販サイト【haco!】、ZOZOTOWN内ブランドショップ【haco!】にて販売される商品の売り上げの一部がチャイルド・ファンド・ジャパンに寄付されます

株式会社フェリシモ(神戸市中央区)のファッションブランド「haco!(ハコ)」 は、基金つきアイテムの企画・販売を通じて、世界中のこどもたちのしあわせを支援する「ラブ&ピースプロジェクト」を今年も実施します。集まったご寄付は、国際NGOチャイルド・ファンド・ジャパン(東京都杉並区)を通して、ネパールの子どもたちのために役立てられます。



「ラブ&ピースプロジェクト2017」とは、株式会社フェリシモのファッションブランド「haco!(ハコ)」が実施している、基金つきアイテムの企画・販売を通じて世界中のこどもたちのしあわせを支援するプロジェクトです。2001年のアメリカ同時多発テロをきっかけにスタートしたこの企画は、今年で16年目を迎えます。

[画像1: (リンク ») ]



今回の「ラブ&ピースプロジェクト2017」では、ファッション通販サイトの「haco!」やZOZOTOWN内ブランドショップ「haco!」で、女優の吉岡里帆さんやタレントのスザンヌさん、女優・モデルとして活躍する高橋愛さんがデザインするファッションアイテムが9月11日より登場し、200円の基金つきで販売されます。さらに、コーディネート投稿サイトの「WEAR」に「#ラブアンドピース2017」のタグをつけて着こなしを投稿すると、「WEAR」を運営する株式会社スタートトゥデイから一つの投稿につき10円が寄付される連動企画なども実施します。

ラブ&ピースプロジェクト
(リンク »)

「WEAR」内ラブ&ピースプロジェクト特設ページ
(リンク »)

ラブ&ピースプロジェクト Instagram/Twitter
(リンク »)

集まったご寄付は、チャイルド・ファンド・ジャパンを通して、2015年に大地震が起きたネパールで校舎の修復や子どもたちの成長を支える「スポンサーシップ・プログラム」に役立てられます。

[画像2: (リンク ») ]


写真はネパールで修復を予定している教室です。2015年4月に発生した地震により壁が崩れてしまい、骨組みだけが残りました。子どもたちは2年間この教室で勉強を続けていますが、新しい教室ができることを待ち望んでいます。

----------------------------------------------------------
【チャイルド・ファンド・ジャパンとは】
チャイルド・ファンド・ジャパンは、1975年より、アジアを中心に貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長、家族と地域の自立を目指した活動をしています。活動をとおして人と人とが出会い、お互いに理解を深め、つながることを大切にしています。フィリピン、ネパール、スリランカの3ヵ国で活動しており、地域開発支援、緊急・復興支援、広報・啓発・提言などの事業を行っています。

【スポンサーシップ・プログラムとは】一対一で、ひとりの子どもとつながり、成長を支え、見守ることができる支援の仕組みです。「手紙での交流」や一年に一度送られてくる「成長記録」などを通じ、支援する子どもの成長を見守ることができます。スポンサーシップ・プログラムでは「教育」、「保健・栄養」、「自己啓発」、「住民主体の組織づくり」、 「家族の生活改善」、「子どもの保護」の、6つの分野で活動に取り組み、子どもたち一人ひとりの必要に応じたプログラムで支援しています。1975年から始まったこの活動は、これまでに31,000人以上の子どもたちを支えてきました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]