アクロディアの「インターホン向けIoTシステム」が、新日本建設の新築マンションに採用

株式会社アクロディア 2017年09月11日

From PR TIMES

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:堤 純也、以下「アクロディア」)は、住宅向けIoTソリューション「インターホン向けIoTシステム」が、新築分譲マンションの企画・開発・販売を行う新日本建設株式会社の新築マンション「エクセレントシティ幕張本郷2丁目」に採用されることとなりましたのでお知らせいたします。



【採用先の概要】
●対象マンション 
エクセレントシティ幕張本郷2丁目
千葉県千葉市花見川区幕張本郷2丁目12番1(地番)
80戸(他管理員室1戸)
(リンク »)
※2018年1月中旬竣工予定

●インターホン機種
アイホン製 集合住宅向けインターホン「VIXUS 1Pr」


今回採用されたサービスは、アクロディアが「インターホン向けIoTシステム」の販売に関する取次契約を締結している、マンション向けインターネット シェア首位 (MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2016年3月末)」)のアルテリア・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:川上 潤)が提供する「UCOM光 レジデンス」を通じ、「エクセレントシティ幕張本郷2丁目」へ提供されます。

当マンションの居住者は、住戸内はもちろん、外出中であっても場所を問わずどこでもスマートフォンでインターホンへの応答やオートロックの解錠等ができる機能がご利用いただけるようになります。

今後もアクロディアは、インターホンメーカー様、マンションデベロッパー様や管理会社様、マンション向けISP様などを主な事業パートナーとして「インターホン向けIoTシステム」の展開を積極的に進め、インターホンがよりインターネットとより深く連携することにより、IoTを通じて、ユーザーにとって利便性の高い生活を実現するサービス導入を進めてまいります。


■インターホン向けIoTシステムの概要
◇スマホがつながるところならどこでも応答可能!
本システムでは、インターホンがインターネットに接続されることで、屋内だけでなく、屋外(外出先)でもスマートフォン等のインターネットに接続できる機器において、インターホンの基本機能である、訪問者を映像で確認、音声で応答、オートロックの解錠を可能とします。

また、インターネット上のインターホンIoTサーバーと連携することにより、コンシェルジュ機能など、スマートフォンを活かしたさまざまな利便性を図る機能を容易に実現します。

◇導入がしやすく、低コストでの運用が可能!
インターホン向けIoTサーバーはクラウド化されており、低コストでの運用が可能です。各住戸への工事は不要なため、新築、既築を問わず手軽に導入することが可能です。
※導入可能な物件については、事前調査が必要です。


<ご利用イメージ> 

[画像1: (リンク ») ]

        屋内でも屋外でも、スマートフォンを利用して、来訪者の対応が可能に!

<ご利用インターホン イメージ>
アイホン製 集合住宅向けインターホン「VIXUS 1Pr」
[画像2: (リンク ») ]


※IoT(Internet of Things): 従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の、各種家電製品、生活環境などの情報を取得する各種のセンサー等、さまざまな"モノ"を接続する技術。
※記載されている社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。


【株式会社アクロディア】
所在地:東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証マザーズ(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アクロディアの関連情報

株式会社アクロディア

株式会社アクロディアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]