株式会社インフォステラはAirbus Venturesをリード投資家として総額8億円のシリーズAラウンドの資金調達を実施

株式会社インフォステラ 2017年09月13日

From PR TIMES

本日、人工衛星向けアンテナシェアリングプラットフォームを開発するインフォステラが総額8億円のシリーズAラウンドの資金調達を完了したことを発表致します。Airbus Venturesをリード投資家に迎え、WERU Investment、D4V、Sony Innovation Fund、そして既存投資家であるFreakOut Holdings、500 Startups Japanの6社から増資を実施致しました。今回の投資で得た資金はインフォステラのメインプロダクトのStellarStationのリリース、パートナーアンテナのネットワークの拡大、優秀な人材の採用に使う予定となっております。



[画像1: (リンク ») ]

本日、人工衛星向けアンテナシェアリングプラットフォームを開発するインフォステラが総額8億円のシリーズAラウンドの資金調達を完了したことを発表致します。Airbus Venturesをリード投資家に迎え、WERU Investment、D4V、Sony Innovation Fund、そして既存投資家であるFreakOut Holdings、500 Startups Japanの6社から増資を実施致しました。今回の投資で得た資金はインフォステラのメインプロダクトのStellarStationのリリース、パートナーアンテナのネットワークの拡大、優秀な人材の採用に使う予定となっております。

本資金調達に合わせ、Airbus VenturesのManaging Investment PartnerであるLewis Pinault氏がインフォステラの社外取締役として参画します。

Lewis Pinault氏
「周回衛星打ち上げ数の増加や宇宙から得られるデータの重要性が増している現状において、それを支える地上側のアンテナが需要の急増に間に合っていない。一方、他社の衛星が上を飛ぶ間、ほとんどの時間その地上アンテナは待機状態となっている。インフォステラはこの状況を劇的に変える。彼らは世界中の何百ものアンテナを何千機もの衛星の運用のために活用することができる。StellarStationはアンテナ及び衛星運用会社それぞれの利益に貢献する。アンテナの所有者の待機時間を減少させ、利益を向上させ、そして衛星運用者はリアルタイムのネットワークコントロールを得て、誰もが衛星運用者になり得る。」

Airbus Ventures社のCEO Thomas d’Halluin氏
「Airbus Venturesでは、航空宇宙産業の将来にこういった劇的で広範囲に及ぶ変化を促進しようとしている。弊社にとって日本初の重要な投資ラウンドをリードできて特に嬉しく思っている。Sony Innovation Fund、早稲田大学のEntrepreneurial Research Unit、500 Startups Japan、そして重要な国内共同投資家と共に、インフォステラは日本最大級のイノベーションを引き寄せる良い立場にいる。さらに優秀な国際的人材を集め、これからのラウンドで世界まで成果を持っていき、深宇宙通信において大きな成功をおさめることができると感じている。」

WERU Investment社の代表取締役社長 瀧口匡氏
「我々は宇宙産業について、最先端の研究シーズと事業トレンドの調査を度重ねてきておりましたが、急拡大の兆しを見せている現在の宇宙産業は、民間主導によるインフラ構築が待望されているステージであると捉えていました。そのような認識のもと、インフォステラ社は小型衛星通信のインフラの構築をめざし、優れたメンバー、画期的なビジネスモデル、またそれを支える高度な技術力を備えていたため、ご支援を決定させて頂くのにお時間はかかりませんでした。インフォステラ社は将来の宇宙産業の発展に大きな貢献をすると確信しています。」

D4V社のポートフォリオ ディレクター 井上加奈子氏
「インフォステラの成長には非常に期待しています。倉原さん、石亀さんはビジョナリーと呼べる起業家であり、日本社会に大きなインパクトを与えるだけでなく、当該事業をグローバルに展開できる次世代のクリエイティブリーダーになり得ると確信しております。D4Vはグローバルに拠点を有するIDEOのネットワークもレバレッジできますので、協働できることも多いと感じています。」

株式会社フリークアウト・ホールディングス 代表取締役 Global CEO 本田 謙氏
「基礎の開発を終えて、いよいよ世界中のアンテナに設置というタイミングで、エアバス社という強力なパートナーにファンディングをリードして頂いたこと、初期からお手伝いさせてもらっている当社として、大変嬉しく思っています。」

500 Startups Japanの代表兼マネージングパートナー James Riney氏
「倉原さんと石亀さんに初めて会った時、2人は「サテライトアンテナのAirbnb」を作るというクレイジーなアイディアとその説明資料だけでピッチに挑んで来ました。小さなシード投資で2人がここまで成し遂げてきたことは素晴らしいと思います。今回の大きな資金調達でAirbusとソニーのバックアップもつき、今後の展開がますます楽しみです!」


株式会社インフォステラについて
インフォステラは人類の生存圏拡大に貢献する次世代の通信インフラを提供することを長期ビジョンに掲げ、2016年1月に東京に設立されました。この取組の第一歩となるのが2017年10月にクローズドβ版のリリースが予定されているStellarStationの構築です。StellarStationのシェアリングデバイスを導入することで、衛星運用者は自分たちのアンテナの待機時間をクラウドにあるプラットフォームを通じてシェアすることができ、より低コストで自分たちの衛星の通信時間を増やすことができます。また、ネットワークにあるアンテナ所有者は提供した分売上を得ることもできます。

アンテナの通信機会の低価格化と通信時間の増加は衛星産業への新しいビジネスの参入ハードルを下げます。既存衛星運用者にとっては2つの大きな問題を解決することになります。(1)不十分な衛星との通信時間と(2)未活用のアンテナの待機時間。プロセスはシンプルです。ユーザーは自身のアンテナの待機時間をシェア、クレジットを受け取り、受け取ったクレジットを地球上の他のアンテナと通信する時間に使うことができます。また代わりにクレジットを現金に変えることもできます。

StellarStation

[画像2: (リンク ») ]

StellarStationプラットフォームはアンテナ所有者と衛星運用者の間に位置、シェアリングネットワーク内で両者をつなぐための複雑なプロセスを担当し、売上を上げる機会を提供します。

アンテナの評価とマッチング
このアンテナシェアリングネットワークを促進するために、StellarStationプラットフォームはいくつもの機能を保有しています。まず初めに、アンテナのスペックや過去通信データなどからある衛星と通信できるかどうかを評価する機能を備えています。この情報を元に、衛星運用者に対して最適なアンテナとの通信機会を提示します。ユーザーはこの通信機会を予約するだけで、プラットフォームが通信を自動的に実施します。

信号処理、インターフェース
衛星のアップリンクとダウンリンクは双方ともに、多くのデータフォーマットがあります。データを利用可能な形式で届けるため、StellarStationは必要な信号処理を行います。最後に、全ての操作は包括的なGUIやAPIでサポートされます。この使いやすいシェアリングプラットフォームを通じて、インフォステラは周回衛星のオペレーションにパラダイムシフトを起こしたいと考えています。


会社概要
インフォステラは世界唯一のクラウド上にある、衛星向けアンテナシェアリングプラットフォームStellarStationを通じて、宇宙通信のインフラをつくる会社です。StellarStationは通信機会を低価格化し、衛星の通信時間を増やし、衛星運用者のサービスの改善をサポートし、潜在ビジネスを広げます。2016年設立。本社東京。
コーポレートサイト: (リンク »)

ロゴなどのプレスキットはこちら↓
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]