10代女子が興味を持つきっかけとなるSNSは「Twitter」。SNSコンテンツ意識調査:10代編(2)

株式会社 ADDIX 2017年09月13日

From PR TIMES

最新マーケティング情報メディア「BWRITE」自主調査レポート

株式会社ADDIX(所在地:東京都港区、代表取締役:酒井大輔 以下、ADDIX)が運営する、最新マーケティング情報メディア「BWRITE(ブライト) (リンク ») 」は、2017年7月、SNSを利用する(※)15~49歳の女性400人に対して「SNSコンテンツについての意識調査」を実施。本日9月13日(水)、10代女子がSNSで商品やサービスに興味を持つきっかけについてのレポート記事を公開いたしました。



[画像1: (リンク ») ]


※事前調査でTwitter、Facebook、Instagramのいずれかのアカウントを持っているとお答えの方。

<「SNSコンテンツ意識調査:10代編(2)」レポート記事>
(結果詳細・コメント抜粋はこちらから)
(リンク »)

<レポートTOPIC>

SNSを利用する10代女子の4割がSNS上で知った店舗やイベント、商品、サービスを「実際に行ったり、購入したことがある」と回答。
商品やサービスに興味を持つきっかけになったSNSは、Twitterが7割超で圧倒的な1位。以下、Instagram(17.4%)、LINE(7.0%)と続く。
きっかけになった投稿を投稿者別で見ると、リツイートや広告で見た「フォローしていないアカウント」の投稿や、「フォローする企業公式アカウント」「リアルな知り合い」の投稿が上位に。
きっかけとなった投稿の形式は「画像メインの投稿」が7割超。
実際の投稿内容を見ると、タイムラインでインパクトのある画像の投稿が目にとまっているケースが多い。



<Q>あなたは、SNS上の投稿や広告で知った「店舗やイベント、商品、サービス」
などに興味を持ったことがありますか。(単一回答)

[画像2: (リンク ») ]



<Q>「店舗やイベント、商品、サービス」などに興味を持ったきっかけになったSNSは?(単一回答)
(※複数回経験のある方は、直近の1回について回答。)

[画像3: (リンク ») ]


<調査結果の概要>
■「SNS上で知って、実際に行ったり購入したことがある」4割超。
今回の調査では、SNSを利用する10代の女性の4割超がSNS上で知った店舗やイベント、商品、サービスについて、「実際に行ったり、購入したことがある」と回答。「興味を持ったことは全くない」のは14%と、その多くがSNS上の情報から興味を持った経験があるようです。

■商品やサービスに興味を持つきっかけのSNS、「Twitter」が7割。
直近の1回について、商品やサービスに興味を持つきっかけとなったSNSを答えてもらったところ、Twitterが7割超と圧倒的な1位でした。以下、Instagram(17.4%)、LINE(7.0%)と続いています。

■「有名人」よりも、「リツイートや広告」「リアルな知り合い」「企業公式アカウント」が影響大。
きっかけとなった投稿を投稿者別で見ると、「フォローしていないアカウント」の投稿をシェアやリツイート、広告で見たケースがもっとも多く、次いで「フォローしている企業公式アカウント」「リアルな知り合い」と続きます。著名人の投稿がきっかけとなるケースは少ないようです。

■興味をひくのは「おいしそう!」「行きたい!」と感じる「インパクトのある画像」。
きっかけとなったコンテンツの形式では「画像メインの投稿」が7割超を占めました。実際の投稿内容を自由回答で答えもらった結果からはタイムラインに流れる情報を眺めていて、インパクトのある画像の投稿がふと目にとまるケースが少なくないようです。

【まとめ】
◇10代女子の興味を引くには、Twitterの活用と思わず目に留まるような視覚的インパクトが必須!
SNSで興味のある商品やサービスなどに出会う状況からは、10代女子の多くがTwitterなどのタイムラインを流れる情報を流し見しながら、気になる情報をビジュアルで感覚的にチェックしている様子がうかがえます。

また、著名人やインフルエンサーの投稿よりも、純粋な広告や、リアルでの友人やフォローしている企業アカウントなどの投稿やリツイートによって興味をかきたてられることが多いようです。リツイートによって信頼する人からの情報が共有されるTwitterは、信頼できる情報が効率的にチェックできるメディアとして重宝されているように思われます。

スマホネイティブ世代の彼女たちは毎日大量の情報を処理し続けている中で、自分なりに有益で信頼のおける情報を素早く収集する方法をつかんでいます。SNS上で彼女たちに目をとめてもらうためは、目を引くような視覚的なインパクトのある魅力的なコンテンツを用意するとともに、Twitterを活用した情報発信が効果的といえそうです。

→10代女子が商品やサービスに興味を持つきっかけになった、実際の投稿内容は?

本調査のさらなる詳細は、マーケティング情報メディア「BWRITE(ブライト)」にて公開しています。
結果グラフとコメント抜粋をまとめた「SNSコンテンツについての意識調査【10代編】」レポートもご用意しております。ご希望の方は、BWRITEお問い合わせページ( (リンク ») )よりお問い合わせください。


▼結果詳細・コメント抜粋は、こちらから
<「SNSコンテンツ意識調査:10代編(2)」レポート記事>
(リンク »)


<調査概要>
「SNSコンテンツについての意識調査【10代編】」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】2017年7月13日(木)~7月14日(金)
【調査対象・人数】事前調査でTwitter、Facebook、Instagramのいずれかのアカウントをお持ちと回答した、Fastaskモニター会員の15~19歳女性100名(有効回答から100名を抽出)
【調査方法】WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】BWRITE(運営:株式会社ADDIX)
【調査実施機関】ジャストシステム「Fastask」

※次回、「SNSコンテンツについての意識調査【20-40代編】」第1弾レポートは9月下旬の公開を予定しております。

※本調査結果のご利用について
本調査結果をご利用の際は、出典として情報メディア「BWRITE」を明記していただきますようお願いいたします。また、WEBでのご掲載の際は、併せて、記事ページ( (リンク ») )、または、トップページ( (リンク ») )へリンクをお願いいたします。
(クレジット表記例)
出典:マーケティング情報メディア「BWRITE」( (リンク »)  運営:ADDIX)・・・など

<「BWRITE(ブライト)」について>
「BWRITE」は、ビジネスデザインカンパニーADDIXが運営するマーケティング情報メディアです。「女性」×「デジタル」×「データ」を軸に、マーケティングやテクノロジーの最新情報や、独自企画の調査データ、スペシャリストへのインタビューなど、企業のマーケティング活動に役立つ価値の高い情報をお伝えしていきます。
(リンク »)

【株式会社ADDIX 会社概要】
会社名:株式会社ADDIX
代表者:代表取締役 酒井大輔
所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階
事業内容:デジタルビジネス・デジタルトランスフォーメーション・デジタルマーケティング・デジタルサービス
(リンク »)

関連会社:
株式会社 2.(ツードット) (リンク »)
株式会社 SUGOI(スゴイ) (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ】
■BWRITE(ブライト)についてのお問い合わせ
株式会社ADDIX BWRITE編集部:松本桂子
TEL:03-6427-7621 Mail:bwrite@addix.co.jp

■ADDIXについてのお問い合わせ
株式会社ADDIX 広報:東度(とうど)亜衣
TEL:03-6427-7621 Mail:info@addix.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。