ALIS、ICO開始12日で最小目標となる約3.8億を調達。日本発の非広告依存型ソーシャルメディアに世界が期待

株式会社ALIS 2017年09月13日

From PR TIMES

株式会社ALIS(代表:安 昌浩)が、国内初となるブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディア『ALIS』のリリースに向けたICO(Initial Coin Offering)で目標最小調達額として設定していた11,666ETH(約3.8億円)を調達。2017年9月1日(日本時間)のICO開始からわずか12日間での達成となった。



[画像: (リンク ») ]



ALIS: (リンク »)
ホワイトペーパー: (リンク »)
ホワイトペーパー要約版: (リンク »)

メディアの構造的課題とも言われる『PV偏重』からの脱却を目指すソーシャルメディアプラットフォーム構想『ALIS』の大規模ICO(Initial Coin Offering)は、2017年9月1日(日本時間)のICO開始からわずか12日間で目標としていた最小の調達額11,666ETH(約3.8億円)を達成した。

最新の調達額は以下を参照
(リンク »)

ICO終了まで約2週間。スタート直後から国内外で注目を集めた国内初の大型ICOプロジェクト
日本時間2017年9月1日11:00よりトークンセール開始となったALISのICOプロジェクト。
開始直後から多くの参加者を獲得し、開始わずか4分で日本円にしておおよそ1億円近くを調達するなど、国内外から注目されるプロジェクトとなっていた。

最小調達目標であった11,666ETH(約3.8億円)を達成した本プロジェクトは、現在も順調に参加者が増加。ICO終了の期日となる9月29日10:59(日本時間)まで今後も伸びていくものと予想されている。
※目標最大調達額:125,000ETH(約41億円)

ALISのICO概要
ICOによる資金調達は、まず初期に5億枚を発行。その半分に対してEthereumを用いてのALISトークンの購入を可能に。残りの半分をALIS運営サイドのステークホルダーが所有。プラットフォームを発展させるためのインセンティブとして利用する。

トークンセールは9月29日10:59(日本時間)まで開催されており、公式TwitterやSlackで最新の情報を随時発信中。SlackではALISメンバーへの質問も可能となっている。

Slack : (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Website: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR