49.沖縄県版2.:今年はでーじ変わるさー!大事なのは「じょーとー話」 『全国の地方新聞社が選んだ!こんなのあるんだ!大賞2017』やりましょうねー!

株式会社47CLUB 2017年09月14日

From PR TIMES

全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「こんなのあるんだ!47CLUB(よんななクラブ)」で、もうすぐ“全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017』”が開催されるわけよー。

今年はでーじ進化するさー!
大事なのは商品の持つ「じょーとー話」と、地方新聞社の「めーにちぬ活動」
2017年度 沖縄県・琉球新報社のエントリー商品はこれさぁ。応援ゆたしく!




[画像1: (リンク ») ]


はいさい、琉球新報社やいびーん。
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「こんなのあるんだ!47CLUB(よんななクラブ)」で、もうすぐ“全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017』”が開催されるわけよー。 知らんばー?47CLUB事業に入ってる地方新聞社45社46紙がどぅーぬとこの県の、いっちん「こんなのあるばー!」て思わず言ってしまう、おもしろいすぐりむんを見つけて、年にいっぺん、みんなで大賞を決めるおめでたーい賞やさに。今年で4回目ってば。公式サイトもオープンしたし、( (リンク ») )ちゃんとチェックして、当日は絶対取材来てくぃみそーれー!

今年はでーじ進化するさー!
大事なのは商品の持つ「じょーとー話」と、地方新聞社の「めーにちぬ活動」
2017年度 沖縄県・琉球新報社のエントリー商品はこれさぁ。応援ゆたしく!

【沖縄県代表】
ハブ入りハブ酒

【泡盛古酒の専門店 泡盛倶楽部 47CLUB店】
(リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

毒蛇としてでーじ恐れられる一方、薬味酒であるハブ酒の素材として重宝されるハブ。あきさみよー!とぐろを巻き、牙をむいたハブが瓶に入っている見た目はインパクト絶大さー!ハブ酒は沖縄と中国の進貢貿易時代(1500ー1600年頃)に中国から製法が伝わったみたいだわけよー。南都酒造所のハブ酒は、古来の製法を守りつつ研究を重ねてからに、動物性のハブの特性と植物性のハーブの特性を十分に活かした独自の特殊製法によって誕生したさー。生きたハブを鮮度がじょーとーな状態で特殊処理(完全な血抜き、臭腺除去、腸管摘出)してからによ、骨肉皮のみをアルコールに浸漬したばーよー。無毒化後にあじくーたーのエキスを抽出することでひと味ちがった他にはない唯一無二のハブ酒になったやっさぁ。

※本リリースの方言・表現は琉球新報社47CLUB担当者の独自見解によるものです※


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。