ツインプラネット、電通と電通デジタル3社共同でインスタグラム動画広告の制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC」を開発・提供

株式会社ツインプラネット 2017年09月15日

From PR TIMES

株式会社TWIN PLANET (本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋 健二、以下「ツインプラネット」)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)とその100%子会社である株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、CEO:榑谷 典洋)との共同で、Instagram(インスタグラム)の動画広告を制作・配信するソリューション「MOVIE GENIC」(ムービージェニック)を開発し、9月15日よりサービス提供を開始します。



[画像: (リンク ») ]

今日、動画広告はブランド認知や購買意向を高めることのできる手法として重要視されています。その背景にはスマートデバイスユーザーによるSNS利用の一般化と、SNS投稿における動画コンテンツの増加傾向があります。
インスタグラムもその一つですが、とりわけ女性や若者世代を狙うマーケティング活動においては重要なSNSと考えられており、広告需要も急増しています。

こうした状況を踏まえ、3社ではインスタグラムに特化した動画広告の制作と配信を行うソリューションを開発・提供することにしました。

今回提供する「MOVIE GENIC」の特徴はその映像センスにあります。インスタグラム動画広告においては、そのフォトジェニックな世界観にふさわしい映像センスが求められるため、本サービスではインスタグラムで人気の写真投稿を行っているインスタグラマーたち自らの参加によって、彼らのセンスを取り入れる仕組みを構築しています。これにより、顧客企業はインスタグラムへの動画広告展開を通じて、ブランド認知や、アプリのインストール、購買意向などの指標を向上させることが可能になります。

本サービスにおける3社の主な役割は、電通はインスタグラムに関する独自の調査データを生かした戦略的な広告コミュニケーションの提案とコンサルティングを、電通デジタルでは、クリエーティブチームが動画広告の企画・ディレクションを、運用チームが「Instagram Stories」に広告を配信し、その結果をレポーティングします。ツインプラネットは映像センスを兼ね備えたインスタグラマーたちのマネジメントを行い、所属しているインスタグラマー自身が撮影・編集をします。


【本件に関してのお問い合わせ先】
株式会社ツインプラネット 03-6821-3205
担当 小島(コジマ) 神部(カンベ)
メール info@tp-co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]