CData Drivers 2017版 80種類超を一斉リリース ~Dynamics 365、Office 365、G Suite、決済系サービスAPI のドライバーを新規リリース~

CData 2017年09月19日

From PR TIMES

9月19日、CData Software Japan 合同会社(宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、CData Drivers シリーズの2017年版の一斉リリースを発表しました。2017年版では、Dynamics 365、Office 365、G Suite (Google Calendar、Google Contacts、Google Drive)、PayPal、Square、Stripe などの決済サービスAPI 向けのドライバーが新規追加され、合計80を超えるドライバーラインアップとしてリリースします。



CData Drivers は、Salesforce、Dynamics 365、Google BigQuery やkintone などクラウドサービス(SaaS)およびアプリケーション、NoSQL、フラットファイル などのデータを仮想RDB 化し、ODBC、JDBC、ADO .NET などの標準インターフェースでのアクセスを可能にするライブラリ製品です。CData Drivers の活用により、サイロ化しがちな複数のクラウドデータの連携を使い慣れた標準SQL を使って低コストで実装することができます。
[画像: (リンク ») ]


2017版リリースの概要:
●データソースの大幅拡充

[表1: (リンク ») ]


データソースラインアップの詳細はこちらをご覧ください:
(リンク »)

●テクノロジーサブスクリプションでのライセンス提供
企業内で複数のSaaS を併せて使う「マルチクラウド利用」のための便利なテクノロジーサブスクリプションライセンスを開始。ODBC やADO .NET など1つのテクノロジーにおいて1ライセンスで80を超えるCData の全データソースを使うことができます。多対多のクラウド・オンプレ連携を標準インターフェースで行うことでマルチクラウド連携開発の短期化、コスト低減、安定化を図ることができます。

[表2: (リンク ») ]


テクノロジーサブスクリプション詳細はこちらをご覧ください:
(リンク »)

●SQL Broker によるリモーティング機能強化
CData ODBC Drivers のリモーティング・リンクサーバー機能が「SQL Broker」としてリニューアルされています。SQL Broker は、UI であらゆるODBC データソースのリモーティング設定が可能なほか、クラウドからのセキュアなアクセス、ユーザーアクセス管理などを実現します。SQL Broker はCData ODBC Drivers に同梱され、Enterprise ライセンスで利用可能になります。

SQL Broker の詳細はこちらをご覧ください:
(リンク »)

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

ご参考:CData Drivers の動作が確認されているツール(一部)
BI:Tableau、Power BI、Qlik、Yellowfin BI、Dundas、SAP Business Objects、Pentaho 他
帳票:Crystal Reports、ActiveReports 他
ETL/EAI:ASTERIA WARP、Informatica、DataSpider、BizTalk、SSIS、Magic xpi、Talend 他
IDE:Visual Studio、Eclipse、NetBeans、IntelliJ 他
Office ツール/グループウェア/ワークフロー:Access、Excel、Word、SharePoint 他
アプリ開発:WebLogic、FileMaker Pro、Forguncy 他
他:JBoss、Jetty、ColdFusion 他

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
TEL: 050-5578-7390 | E-mail: press@cdata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。