百度本社、新たなAIプロダクトを発表

バイドゥ株式会社 2017年09月20日

From PR TIMES

~Wi-Fiルーターに自動翻訳機能を搭載。80ヵ国以上で利用可能~

Baidu, Inc.(本社:中華人民共和国北京市、Baidu会長兼CEO:Robin Li、米NASDAQ:BAIDU、以下、百度)は、本年9月19日に名古屋大学で開催された「MT Summit XVI( (リンク ») )※」にて、百度のAI技術を活用した新しいAIプロダクトを発表しました。
※MTとはMachine Translationの略で、本会議は機械翻訳に関連する代表的な国際会議です。




【百度智能Wi-Fi翻訳機】

[画像1: (リンク ») ]

<特長>

・無線LAN「Wi-Fi」ルーターに自動翻訳機能を装備。

・百度の音声認識技術と機械翻訳技術を採用。

・80ヵ国のネットワークに対応。

・中国語、英語、日本語などに対応。

・ボタン一つで操作可能。

・自動で言語認識。


<利用方法>

中央の小さいボタンで切り替えをし、大きな丸いボタンを押しながらしゃべることで自動的に翻訳されます。

現バージョンは切り替えが必要ですが、将来的には言語も自動で認識する予定です。


<サイズなど>

縦 152mm × 横 62mm  厚さ9~19mm  重さ156g  4000ma電池(4.5g)

LTE +下り速度300mbps

80ヵ国対応可能、同時に5台まで接続可縦 色は白、黒、グレイの3色


今後百度は、年内に中国でのレンタル、販売を実現し、来年春節前には日本での展開を目指します。


<MT Summit XVI でのデモンストレーションの様子>

百度は、中国を代表してアジア太平洋機械翻訳協会が主催する「MT Summit XVI」に参加し、ボタン一つで自動的に中国語と英語、中国語と日本語等、色々な他の言語を認識して翻訳することができるスマートデバイスを世界で初披露しました。

百度の技術員会会長である呉華(WuHua、写真左)がデモンストレーションを行いました。

[画像2: (リンク ») ]



Baidu, Inc. について
Baidu, Incは中国の主要なインターネット検索プロバイダーです。Baiduは、テクノロジーによって複雑な世界をシンプルにすることを目指しています。

Baidu公式サイト: (リンク »)


バイドゥ株式会社について
世界の検索市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(百度)(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人です。2006年12月に設立以降、法人企業さまの中国へのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC向け対策などをサポートするべく中文広告商品やセミナー情報を提供しているほか、累計2,800万ダウンロードを誇る日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」(2011年12月よりAndroid版、2014年9月にiOS版を提供)なども公開しています。また、2015年5月よりpopIn株式会社をグループ傘下とし、アジアマーケットへも進出しています。


バイドゥ株式会社公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

バイドゥ株式会社の関連情報

バイドゥ株式会社

バイドゥ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]