診断書代行取得サービスの開始について

ソニー生命保険株式会社 2017年09月21日

From PR TIMES

~より多くのお客さまへ適切に保険金・給付金をお届けするために~

ソニー生命保険株式会社(社長 萩本 友男)は、平成29年9月19日より「診断書代行取得サービス」を開始しました。当社は、「日本中のお客さまを一生涯お守りする」という思いのもと、これからもお客さまの期待にお応えするサービスの提供に努めてまいります。



■はじめに
保険金・給付金をご請求いただく際には、医療機関が発行する診断書(以下、診断書という)が必要(※1)です。診断書は通常、お客さまが医療機関で取得されますが、体調の問題などにより医療機関を訪問することができず、診断書を取得できないために、保険金・給付金の請求を長期間できないケースなどがありました。
そこで、請求手続に必要な書類を準備いただく負担を軽減するため、「要介護」または「身体障がい」の認定を受けたお客さまを対象として、保険金・給付金をご請求いただく際に必要となる診断書を、当社がお客さまの代わりに取得するサービスを開始しました。
(※1) 一部例外を除く。

■サービスの概要
保険金・給付金の請求において、お客さまが当サービスの利用をご要望された場合、当社の委託会社が医療機関に診断書の発行を依頼し、取得します。

[画像: (リンク ») ]



サービスを利用できるのは、請求者(もしくは被保険者)であるお客さまが「要介護」または「身体障がい」の認定を受けている場合です。
サービスの利用料金は発生しません(※2)。

(※2) ただし、医療機関へ支払う診断書代金は、お客さまのご負担となります。

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]